新左翼映画ふたつ

面白い映画をよく紹介してくれる「枯井戸すこーぷ」さんを久しぶりに見に行ったら、なんと東京・池袋の新文芸坐で「赤軍−PFLP 世界戦争宣言」を上映するとのこと。しかも若松監督と足立正生さんのトークつき。

見に行きたい!

それと渋谷のユーロスペースで「レフトアローン」という作品も。内容の解説はこちらのほうに
松田政夫、柄谷行人、西部邁などへのインタビューを中心に、花田・吉本論争とか60年安保、アルチュセール、廣松渉、ファノンの第三世界論・・・なんか懐かしい話題がちりばめられている。

見に行きたかった(涙)

で「枯井戸すこーぷ」さんで紹介されていた新左翼の替え歌

♪しろく さくの〜は かくきょ〜ど〜
 あかく さくの〜は きょ〜さんど〜
 ど〜すりゃ い〜のさ のんせ〜くと〜
 くろ〜は よ〜るひ〜らく〜


♪きっがつっきゃ ぜんしんしゃの そふぁ〜でごっろね〜
 これっで かっくめ〜い でっきるわっきゃないよ〜

思わず爆笑してしまいました。
歌詞の意味が判る人は自首してください(笑)


↓この記事に「う」と思ったらクリックしてください^^)


at 12:58, 主義者Y, 元サヨのつぶやき

comments(4), trackbacks(1), -

北朝鮮とは自分の過去なのだろうか その2

「また明日」が三日後になってしまった(汗)。
でも、その戦争を忘れないようにするとか、戦争をくり返させないという責任はあるんじゃないでしょうか。
なぜなら、その戦争を起こした原因を、自分の今いる国からなくすことができた、とは言い切れないからです。
と前回書きました。
「戦争責任」(あるいは戦後責任)の継承は、それ自体大きなテーマですが、ここではそれ以上展開しません。左翼としての責任はその戦争責任と「ひょっとして、同じ構造」と書きました。しかし、それでも大きく違うのは、戦争責任の場合日本国民であることをやめるのは困難ですが、左翼の場合は自分の意思でやめることができるということです。
続きを読む >>

at 11:18, 主義者Y, 元サヨのつぶやき

comments(0), trackbacks(2), -

北朝鮮とは自分の過去なのだろうか

わけのわからないエントリー・タイトル(笑)。
これは、草加さんのブログ「旗旗」へのコメントをきっかけに考えてみようと思ったことです。まあ、元左翼の自省文といったところでしょうか。一般ピープルからは遠いテーマですね。でも、自分のために書きます。

草加さんの提起
この問題つき言葉をかき集めて自分達を「正しい立場」に置くことに汲々とするのではなく、返り血をあびる覚悟で自分達の過去を見つめ直してみることです。なぜ国内世論において北朝鮮問題が反戦派の「鬼門」となってしまっていたのかということです・・(中略)・・広い意味で「自分達左翼(の一部)が拉致を行った」ことの苦痛と批判を受けなくてはなりません。
これに対して私はこんなコメントを寄せました。
「返り血」という点では、少し私は感覚が違いますね。元トロということなのかもしれませんが、北朝鮮を「左翼」の一部とするのに個人的には違和感があります。(もちろん世間の捉え方が違うのは承知ですが)
当時も、ともに社会主義の未来を開拓していく陣営の一部として、北朝鮮を見ていたわけではありませんでした。ソ連の覇権でできた東欧共産党国家よりも、さらに人為的に造られた体制というイメージです。スターリニズム以前のような。
続きを読む >>

at 23:55, 主義者Y, 元サヨのつぶやき

comments(0), trackbacks(0), -

「いつか来た道」なのだろうか

反戦平和の運動圏から発せられる言葉に「いつか来た道」というのがある。
ある意味歴史は繰り返す、と私も思う。歴史は「いま」を映す鏡になる。
いまの日本の状況が軍事化の方向へ行っているのは間違いない。
だが、それは30年代のような国家主義・軍国主義の道をそのままなぞって進んでいるのだろうか?
私はそうは思わない。

続きを読む >>

at 19:44, 主義者Y, 元サヨのつぶやき

comments(0), trackbacks(0), -

三上治

どうでもいいけど、今朝なにげに「ウェークアップ!」を見ていたら三上治が「評論家」という肩書きで、日本の国連常任理事国入りについてのコメントをしていました。
もともと昔のブント(共産主義者同盟)叛旗派のリーダーで、最近本も2、3冊出していますけど、テレビに出るほどメジャーな人でもないと思っていたのでビックリしました。
4月ごろのイラク反戦デモに行ったとき、私のすぐ後ろを歩いていた人です。あとでその手のサイトを見て、はじめて知ったことですが(笑)。

at 10:56, 主義者Y, 元サヨのつぶやき

comments(0), trackbacks(0), -