<< オスロの軍事博物館 | main | いつまで沖縄を騙し続けるのか >>

消えた高齢者?

 ついに186歳!勝海舟の1歳下「戸籍上生存

どこの誰だかわからない死体は「無縁仏」とも呼びならわされる。
そういう人は戸籍上いつまでも生きつづける。「110歳以上で住所不明の老人は死亡とみなす」というような法律でもつくらないかぎり。

そういう「生存者」が多数いるということがセンセーショナルなのか?
家族と縁を切って名を明かさぬまま公園の片隅で死んでいく人間は?
戦火に追われて大陸のどこかで全滅した家族は?
核爆発で蒸発してしまった人々は、皆だれかに死亡届を出してもらえたろうか?

ちょっと考えればそういうことに気がつきそうなものだが、ちがうのだろうか。
ことさらに「勝海舟より歳下」だとか「西郷隆盛より○○」だとか囃し立てる報道ぶりに非常な違和感を覚える。

人知れず死んでいく人間には無関心でした、と言っているようなものではないか。

at 13:28, 主義者Y, 野宿者差別

comments(0), trackbacks(0), -

スポンサーサイト

at 13:28, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment









trackback
url:http://ichyamada.jugem.cc/trackback/856