<< また国会前に来ています | main | けっきょく辺野古に? >>

アウシュヴィッツの日本人ガイド 中谷剛さん

 いろいろな場所へ行って見て、書かねばいけない数多のこともあるのに、天性の不精癖からほったらかしにしています。

先の15日には国立市へ、アウシュヴィッツ現地で唯一の日本人ガイドとして活躍されている中谷剛さんの講演会に行ってきました。私は今からちょうど10年前、2000年の夏に現地を訪れ、中谷さんにガイドをしていただきました。そのときのガイドぶりが素晴らしく、その後も歴史を語るさいの「お手本」としても心に刻み、私が尊敬している方です。

2000年に訪れたとき、中谷さんのガイドのことはあらかじめ知っていたので日本出発前に予約を入れて現地に向かいました。私のほかに大学院生の男の子が予約していたようで、この二人でガイドをしてもらうのかなと思っていたら、そのとき傍に日本人の見学者も何人かいて、結局7〜8人くらいのグループでガイドしてもらうことになりました。

さて、受付窓口から収容所の内部へ向かってゾロゾロと歩き出します。
先頭を行く中谷さんは無言のまま。えっ、ガイドなのに何故なにも言わずに歩いていくのだろう・・・?おそらく不審に感じながらもみんな仕方なく、中谷さんの後ろをついていきます。私はアウシュヴィッツは初めてではないので、歩いていく方向がわかりましたが黙っていました。やがて半地下式の建物のドアをくぐって中に入りました。皆が入り終わったところで、おもむろに中谷さんは口を開きました。

「みなさん。ここがガス室の中です。ここに来た人々は、皆さんと同じようにほとんど何の説明もなく、この場所に連れてこられ、ここで一生を終えました。」

これがこのときの中谷さんのガイドの第一声です。



当日のお話も胸に染みる良い内容でした。話を聞く前はホロコーストに関する一般的で啓蒙的な講演なのかなと思ったのですが、そうではなくて国立音楽大学付属高校の女子生徒さんたちの2度のアウシュヴィッツ訪問に応えて、その際の様子などを映像を交えて話していただきました。
彼女たちは合唱部のメンバーで、彼の地で亡くなった人々に追悼の歌を歌い捧げたのです。アウシュヴィッツは「ミュージアム」でもありますが、まずもっては非業の死を強いられ亡くなった無数の人々を悼み想う場所です。彼女たちはホロコーストについての事前学習はもちろんのこととして、その追悼の場所で振舞うべき彼女たち自身の行為を標したのでした。
たまたまその近くの場に行き合わせたポーランドの(他の外国人もいたかもしれません)人々も、じっと立ち止まりその歌声に聞き入っていたそうです。日本語の歌詞(谷川俊太郎の『生きる』)がわからなくても、その心が通じたのでしょう。中谷さんにとってもそれは、かつて生と死の隣り合ったこの場所でガイドをする自分を励ます歌声として、深く感銘を受けられたそうです。その2度にわたる訪問が今回の国立市における講演会に結実したのでした。

講演の詳細を報告する力量は私にはありませんが、「現場」に立つときの想像力というのでしょうか、中谷さんからはその大切さを多々教えられた気がします。何十年も前のこと、自分が生まれる前のことですらもある「歴史」をいかに伝えるか。いや、「伝える」とは単なる伝達ではなくて、自分と相手の生命を開拓し交錯させる行いなのでしょう。なんとしてでも「伝えたい」という思いの深さは、自分の変革を伴い、伝える相手の存在を揺るがす力となるはずです。ただの事実の記述でも、論理の表現でもありません。もっと奥深いなにものか。それをこそ掴み取る力を、手渡す力を身につけられたら・・・

中谷さん、素晴らしい話をありがとうございました。






 

at 21:42, 主義者Y, ホロコースト

comments(0), trackbacks(0), -

スポンサーサイト

at 21:42, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment









trackback
url:http://ichyamada.jugem.cc/trackback/802