<< 体調悪し | main | 「神聖喜劇」読了 >>

「自己責任」は日本の原則となってしまったんか!

ブログを書く原動力にこういう怒りネタを使うのは健康上よろしくないのだが。
私学助成金削減に抗議する高校生と橋下大阪府知事の激論である。



「今の日本はまず自己責任が原則ですよ。誰も救ってくれない」
「(それがおかしいと言うんだったら)日本から出るか、国をかえるしかない」
「大学になったら定員、社会人になったらもう定員・・それが世の中のしくみ」


・・・定員からあぶれた人間には生活保護制度があるそうだ(!)
橋下の言う「定員」とは何だろうか。社会人だったら正規雇用の労働者のことか。スタートラインから優劣をつけた競争を公正なものと言いくるめて、負けた人間には「お前が悪い」と責任をおしつける。イス取りゲームに負けた人間にはマトモな生活を求める資格を認めない。「定員」に入れない人間に提供される「しくみ」は生活保護のみ。(それすら拒否されて飢えて死ぬ人間も出てくる昨今だが)その中間はない。つまり社会保障政策の否定だ。
ここまで露骨に新自由主義ノイデオロギーを鼓吹できるのも、相手が組みし易いと見た高校生だからか。
「単なる子どもたちのたわごとみたいにならないように」
という、最初から相手を侮蔑した態度で議論に入っていく橋下知事。
弱い者に対しては「子ども扱いしない」大人の対応ができるのだな。これぞ新自由主義が
求める成熟した大人のふるまいというものだ。


高校生たちよ。君たちの存在自体が、橋下の愚説を「そうですね」なんて受け容れられないだろう。悔しいだろう。もっと言い返したいだろう。君たちの方こそが、一歩も引けないはずだ。道路をつくるためだったら今の君たちが苦しんでもかまわない、なんて理屈が間違っているというあなたたちの直感は正しい。

「勉強せなあかん 負けたらあかんで」


橋下知事への対案―笑顔で暮らせる大阪府再建の道
橋下知事への対案―笑顔で暮らせる大阪府再建の道
大阪自治体問題研究所

しかし「日本から出てけ」って、アンタ・・・



↓橋下の高飛車発言にブチ切れた方はクリックを!

at 11:09, 主義者Y, 政治家

comments(4), trackbacks(2), -

スポンサーサイト

at 11:09, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment
, 2008/10/26 9:31 AM

映像見ましたけど、本当に西の橋下、東の石原という感じですね!


医療と教育は北欧の様に、完全無償が本来あるべき姿だと思います。


「すべての子供に就学してもらうように勤める義務」は中学まででいいとしても、進学する意欲のある生徒は大学まで授業料は無償にするのが、「機会の平等」ではないでしょうか?


ところで一言に「悪」と言っても、「巨悪」・「中悪」・「小悪」があると思います。


公明新聞を見ていてよく思うのですが、彼らが糾弾するのはせいぜい「中悪」(民主党や共産党の利権や組織悪、または不祥事が発覚してマスコミに叩かれた一部の企業)までで、


巨悪(自民党、高級官僚、アメリカ、トヨタをはじめとする弱いものいじめの大企業)には腰が引けている気がしてなりません。


こういう巨悪には手がつけられないくせに、「民主や共産は労働組合という抵抗勢力が支持基盤だから、改革なんか出来っこない」等と言ってこき下ろしているのは、橋下氏や石原氏に共通していると思います(だから彼らに対しても腰が引けて批判することが出来ない)。


それにしても冷酷な橋下氏に傷付けられながらも、「勉強せなあかん、負けたらあかんで」と言った彼女に、仏法を見た気がしました・・・。




ワイナリー, 2008/10/26 3:12 PM

名無しになってましたが上の投稿は私です。

GO, 2008/10/31 10:33 PM

今回の血も涙も無い橋下の行為といい、先日の渋谷での不当逮捕といい、怒ることが一杯ですわ。
日本の人民はもっと大暴れする必要があると思います。

主義者Y, 2008/11/04 1:14 AM

一週間も過ぎてアレですが

>ワイナリーさん
「公明」や「潮」にも竹中平蔵の寄稿文なんかを載せてますから、確信的な「構造改革」路線ですね。橋下や石原に対して全く批判めいた発言をしないのには強い苛立ちを覚えます。これこそ党利党略じゃないでしょうか。

>GOさん
エントリーでまだ書けてませんが、渋谷の不当逮捕は本当に怒りを感じます。










trackback
url:http://ichyamada.jugem.cc/trackback/636
帝国ブログ, 2008/10/29 8:10 PM

日経平均株価バブル後最安値(更新準備時)だろうがニコ動生放送で麻生アキバ演説が 生放送されようがウォン安が室町時代突入だろうが恐らくどこかのブログが取り上げている でしょうからスルーしつつダライラマ来日前ということでチベット問題を取り上げてみます

たたかうあるみさんのブログ, 2008/10/31 10:31 PM

 九朗政宗氏のブログをみていたら、トンでもない記事があった。  FNNニュースか