<< 横須賀に来ています | main | 貧困襲来 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

横須賀の写真



主催者発表で1万5千人が集まったようです。いや〜暑くて死にそうでした。
木陰にたくさん人が座り、会場ステージから見えない公園後方のほうにも人が溢れておりました。




イージス艦です。艦首に書いてある「54」は、あとで調べたら米海軍の「カーティス・ウィルバー」(ミサイル駆逐艦)でした。1996年から横須賀を母港にしているそうです。これ1隻で1400億円。


麻生太郎さんも飛び入り参加? あの声真似を続けたら喉がつぶれそうです。


公園内の「国威顕彰」碑。碑文の部分を剥がした痕がみえます。他にも帝国海軍関係の碑がいくつか並んでいました。もともとは幕末に小栗上野介忠順が建設を始めた製鉄所(造船所)に発し、その後大日本帝国海軍の屈指の軍港に発展していきます。大戦末期には大和型戦艦の3番艦として「信濃」(のちに空母へ改装)がここで建造されています。その巨大なドックを今は米海軍が利用しているわけです。







デモは公園を出発して基地正面ゲート前を通り、横須賀市役所へ。労組主体のデモのせいか沿道には警官があまりいません。







横須賀のことをネットで調べていたら、こんなサイトを見つけました。この方は正門ゲート前の歩道橋から写真を撮ったら憲兵隊に尋問されたようです。いったいここはどこの国なんだろうか。
それからこんな記述
また、日本が唯一の被爆国であり、横須賀や神奈川での反対に配慮して、横須賀を母港とする原子力空母を選定するに当たっては、アメリカ海軍内部で次のことが検討されたと報じています。 

1 ノーフォークを母港としている空母ハリー・トルーマンは、原爆投下を決定した大統領の名前をもつ空母であるため除外された。

2 太平洋岸のサンジェゴを母港とする空母ニミッツは、その名が太平洋戦争中のアメリカ海軍の指導者チェスター・ニミッツ提督に因んでいるため、除外された。

3 2008年に就役する予定の空母ジョージ・H・W・ブッシュは、先のブッシュ大統領に因んだものであるが、この大統領は、第二次世界大戦中の雷撃機のパイロットとして活躍した人物であるために、この艦も資格を失った。


たしかに「トルーマン」や「ブッシュ」だったら余計に頭に血がのぼっただろう・・・
高齢の世代にも「ニミッツ」は複雑かもしれないな。
いや、そんな問題じゃないか。


↓一日一回のクリックがカウントされます。皆様の励ましを!

at 09:33, 主義者Y, 日米安保

comments(0), trackbacks(2), -

スポンサーサイト

at 09:33, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment









trackback
url:http://ichyamada.jugem.cc/trackback/604
太平洋戦争 もう一つの真実, 2008/07/29 8:40 AM

太平洋戦争に関する最新ブログを集めています!少しでも役立てれば幸いです!

悩みバスターズ, 2008/07/29 10:46 AM

戦争の実像と虚しさを鮮烈映像でとらえた貴重なドキュメント歴史的フィルムです。