<< G8抗議のデモ申請を不許可?! | main | G8を問う連絡会事務局 緊急声明 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

行動の連鎖反応

雨が降ればデモをサボる。私はその程度の意識の持ち主である。
昨日だって、よっぽど家でゴロゴロしていようかと迷ったのであるが、岩波ホールの「花はどこへいった」がこの週末に行かなければ終わってしまうなあ、という思いに押されて重い腰をやっとこ上げた次第である。G8サミットについてもさほどの問題意識があったわけではない(汗)わずかに気になって28、29日にはいくつか東京でも関連の企画があるということをネットで調べておいた。その程度だ。

「花はどこへいった」は、ベトナム戦時に米軍が撒いた枯葉剤で苦しむ人々を取材した映画である。病床の小田実を福島瑞穂が見舞った際に『ベトナムの枯れ葉剤の問題など追及してくれ』と言ったことを私は憶えている。私自身ベトナムへは二度訪れている。
http://ichyamada.jugem.cc/?eid=489
根っからの無精者だから下手をすると土日の二日間ともダラダラと休養していたかもしれないが、小田実の遺言だと思うとそうしてもおれぬ、やはり行かなければ。
作品については別途書きたいとは思う。4日(金)までなので機会のある人はぜひ。

で、観てしまうと、おとなしくしてはいられないのである。「多くを知ることは、世界を変えることにつながる」なんて非命に倒れたジャーナリストのメッセージを聞いてしまうと「むむむ・・」と唸り、映画の終わったその足で「G8サミット直前東京行動」の会場に向かったのだった。本当は映画を見ただけで帰ろうと思ってたのに、「バルト海の果てまで行ったお前は、ここから地下鉄で二駅のところに行くのを日和るのか?!」という叱咤の声が内心に沸きあがり背押されてしまったのだ。
・・・つくづく因果なことだなあ。



文京区民センターの会場に着いてみると、溢れんばかりの参加者。開始時間より15分くらい遅れて私は着いたのだけど、資料がすでに足らなくなっていた(あとで刷り増ししたものは貰った)。どうも主催者の予想を超えて人が集まったらしい。あわてて入り口付近に設置していた受付の机を移動して、参加者が座れるよう追加のイスを並べていた。
午前午後にあったいくつかの分科会の報告を行ったあと、スーザン・ジョージさんの講演があった。学生時代にサークルの先輩から薦められた本が、スーザン・ジョージさんの『なぜ世界の半分が飢えるのか』だった。そのとき本は買ったのだけど読んではいなかった(大汗)。しかし不思議なことに、なぜか著者名だけは憶えていたのである。その後幾歳月を経て、反グローバリズムなどの理論・運動が勃興してきたときに再びその名を発見したのだった。私が重い足を向けたのは、彼女の話を生で聞いてみたかったというのもある。

そうそう、スーザンさんが成田に着いたときも入管で4時間も足止めを食ったそうだ。まったく嫌がらせとしか思えない(怒)会場の入り口には公安がゾロゾロ並んで参加者の出入りを監視してるし、動労千葉のデモは弾圧するし・・・そんなことをしなければ私は憤慨することもなく、ただ平和に惰眠を貪るであろうに。たぶん(笑)


(講演するスーザン・ジョージさん。写真が鮮明ではないが、この日は携帯のカメラしか持っていなかった)

まあ、新自由主義に対抗して「もうひとつの世界」を目指すのであれば、その頭目連中が集まってくるこの機会になんらかのアクションを起こすのがスジなのであって、私の意識は遅まきながらそこに向かってようやく急旋回してきたわけである。
でも今日のところはちょっとお休み。鬱経験者としてはあまり根を詰めないように気を使っているのだ(と、弁解)。無理をせず楽しく動こう。
雨の中を歩かれた方々は本当にご苦労様でした。

徹底批判 G8サミット
徹底批判 G8サミット

会場で買った「基本書」で勉強し直そう。こんどは内容的に展開しなきゃ。


↓一日一回のクリックがカウントされます。皆様の励ましを!

at 21:13, 主義者Y, 国際政治

comments(0), trackbacks(0), -

スポンサーサイト

at 21:13, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment









trackback
url:http://ichyamada.jugem.cc/trackback/592