<< ドレスデン、運命の日 | main | ほかにも(BlogPet) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

みの

(松岡大臣の自殺をとりあげて)
「ここまで膿を出させて、これを機に起死回生。ドーンと反攻に・・・このさい安倍さん。思い切った改革を、政治をドカーンとやってもらえないですか?ダメですか?」

したたかな安倍の意図で、ここまで膿(自殺者まで出る事態)を出させたと?
「強引」というコトバが顔を赤らめるほど強引に、安倍への期待に捻じ曲げてしまう。
いやもう評すべき言葉もない。

「(参院選で)勝とうが負けようが、安倍政権は我々が選んだ政権なんだから続けばいいんですよ」

「我々」って誰だ? あんたとあんたの仲間のことか?

あいかわらずメチャクチャなことを言ってるなあ、この人は。
たしかに俗情に擦り寄る天才なのだろうけど、いいかげんその腐った脳みその放言を撒き散らさないでほしい。いくら商売でも、売ってはいけない商品だってあるだろう。
こういう与太者芸人が仕切るニュース番組が成立している、というのが到底理解できない。

Abemansei minorikawa abe shinozoã?¢ã??ã??ã?­ã?¼ã??æ?½è¡?è?? fotosintesi2



at 23:14, 主義者Y, マスメディア

comments(4), trackbacks(1), -

スポンサーサイト

at 23:14, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment
はんな, 2007/06/05 2:53 PM

大した知識も無いのに、知ったかぶりでしゃべるものだから、よく口ごもりますよね、この方。

うがった見方で出した意見をさも正論のように言う。
この世の中、ズバッっ!とゆったもん勝ち、みたいなとこありますよね。それがいかに軽薄な意見でも。(小泉さん、然り)

こうして、おばさんたちは洗脳されてゆくんでしょうね。
私ももう若くは無いですが、自分の頭で物事を判断してゆく力だけは持ち続けたいものです。

setuko, 2007/06/05 11:48 PM

私もおばさんの一人ですが、みのもんたはすきではありません。おばさんの一人として発言すると事ができるなら、おばさんは皆同じと考えないで下さい。ちなみに私は韓国のスタ−も皆好きではありません。ましては韓国ドラマの撮影地に大勢の人が押しかけるのも考え物だと考えております。おばさんを一からげにして考えて欲しくないと思っています。おばさんはワイドショ−皆大好きと思われているのもおばさんの一人として憤慨しています。

華音。, 2007/06/06 2:56 PM

初めまして!

私もおばさんの一人です。みのもんたは、大嫌いです。政治オンチなのに偉そうに、知ったかぶりに発言して笑えます。タレントやコメンテーターが、みのを持ち上げチヤホヤしているのを見ると反吐がでます。最近は、みののテレビは見ません。

主義者Y, 2007/06/06 10:54 PM

おじさんだって、いくらでも思考停止や判断委託してしまってる人が多いですよ、と書こうと思っていたら、「おばさん」論になりかかっているようですね(笑)
まあともかく概念論争になるとややこしく非生産的になりがちですので、重要なのは個人の発した具体的言説への批判、ということにしておきましょうか。
それが人気者への批判となると、ややもすれば非常な勇気が必要になってしまう「言論の自由」の貧困さを象徴する「みの」現象なのかな、と思っています。

華音さん、はじめまして。つまらんことを時おり思い出したように書いている過疎ブログですが、どうぞよろしくお願いします。










trackback
url:http://ichyamada.jugem.cc/trackback/461
遠方からの手紙, 2007/06/14 12:11 AM

 最近、なぜだかどういうわけだか、ユダヤ人問題に関する新書を三冊続けて読んだ。一冊目は、内田樹氏の『私家版・ユダヤ文化論』、それからあとの二冊はずっと古いサルトルの『ユダヤ人』とドイッチャーの『非ユダヤ的ユダヤ人』である。もっともあとの二冊は、書棚の