<< 都知事選の結果について | main | 板門店のとろちゃんは補給するつもりだった(BlogPet) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

井筒監督の怒り

「都知事選の結果について 2」と題して続きを書こうかと思ったが、先にこれについて書いておく。

海自に来て!奇抜なCFでアピール…幹部は絶句
海自ホームページ・動画配信コーナー(平成18年度版 街頭ビジョンCM)

gegengaさんの「かめ?」で知り、当該の海自CMを見て、あまりの能天気な軽さに笑った。笑ったが、そのバカバカしさを笑いのめすだけでいいのかという引っ掛かりがあった。
そのあと「お玉おばさんでもわかる政治のお話」で、TVで井筒監督がこのCMに対して怒りまくっていたということを読んだ。

孫引きであるが
「憲法を変える話が出ている時に、軍隊や海外派兵の意味も分かってない若者や、フリーターや生活に困っている若者を、高額な給料で呼び寄せる悪質なCMだ。今後格差がますます開いたら、そういう若者がもっとターゲットにされるだろう。」
と、大層な剣幕だったという。

ハッ、と胸を衝かれる思いがした。なんとなく「引っ掛かる」違和感はあったが、自分にはこのように即座に明確な怒りの感情は沸いたであろうか。
時の為政者の愚昧な妄言に対しては、高踏的な「笑い」もまた、抗議の一手法としては可であろう。だが、これは軍隊の徴募広告なのだ。人を殺し殺される可能性を背負った職業の募集広告なのだ。専守防衛の名の下に、現実としては戦闘になることを想像しなくても済んだ時代の自衛隊ではない。

サマーワでもし、ロケット弾が撃ち込まれて死傷者がでていたら?
バグダッドへ飛ぶ航空自衛隊の輸送機が撃墜されたら?
陸自や空自はこのようなCMを作るだろうか。海自だからいいのか。

断言するが、殉職者(戦死者)を出したあとでは、絶対にこんなCMは作れない。
その意味で、これは騙しの広告なのだ。甘言よろしく若者を死の淵に連れてきてから、あとは知らぬ顔を決め込む、まさに「悪質」という言葉でも言い尽くせぬほどのペテン広告だ。

戦争のリアリティを持たない、日本人の若者だけのことではない。日本自衛隊の間接的な「貢献」とはいえ、それによって殺される側にいる人間は、このCMを見て何と思うだろうか。先述の「もしも」ではなく、海上自衛隊は今もなお、インド洋上で米軍などの戦闘艦船に燃料補給している。アフガニスタンやイラクでの対「テロリスト」の軍事行動を下支えしているのである。

「これからの時代は、我々年寄りの感覚よりも、若い世代の視点でやった方がいい」(海自幕僚長)などと言ってのける感性こそ、度し難い「平和ボケ」と言わざるを得ない。広告の浅薄な感覚を承知しているのならば下劣な嘘吐きだ。これが、これから「国際貢献」が本来任務化していく自衛隊の最高幹部の発言なのだ。

銃弾や爆弾によって飛散した人間の肉片を目の当たりにしたあとで、あのようなCMを見させられたとしたら、その人間の内側にはどんな感慨が催されるだろう。虚飾や欺瞞に満ちていたとしても勇壮・悲壮さを基調にしたもののほうが、まだしも死者への礼儀に適う。やはり人間の命を軽々しく、「秘密戦隊ゴレンジャー」ばりのフザけたコマーシャルでリクルートしてほしくはない。野暮を承知で言う。
人の命に関わることは野暮でも不粋でもいい。顔を真っ赤にして、声を荒げて、怒るべきだ。



at 22:29, 主義者Y, 平和

comments(0), trackbacks(3), -

スポンサーサイト

at 22:29, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment









trackback
url:http://ichyamada.jugem.cc/trackback/443
お玉おばさんでもわかる政治のお話, 2007/04/12 12:16 PM

日本の政治ちょっとおかしいよねって実は思っている日本のおかあさんたちを探したくて・・・・お玉、人気ブログランキングに登録してます。いろんな人に語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けまし

お玉おばさんでもわかる政治のお話, 2007/04/13 9:53 AM

日本の政治ちょっとおかしいよねって実は思っている日本のおかあさんたちを探したくて・・・・お玉、人気ブログランキングに登録してます。いろんな人に語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けまし

かめ?, 2007/04/16 2:25 PM

入ろう〜、入ろう〜 自衛隊に入ればこの世は天国 男の中の男はみんな 自衛隊に入って花と散る♪ と、若い方にはわからない古い歌詞を書いてしまったわけだが。 イヤなことを忘れるために、笑える小ネタを一つ。 ←先日、散歩中に見つけた「自衛官募集」のポ