<< きのう板門店のとろちゃんが(BlogPet) | main | きのう板門店のとろちゃんが(BlogPet) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

石原を叩け

これは時間との競争という一面もあるので、ノンビリとはしていられないのだ。

(↑は『旗旗』から借りました。TBも送ります。)

「浅野か」「吉田か」論争に、厳密な論理でもって参入する能力は、私にはあまりない。
大上段に振りかぶった歴史的比喩で言えば、1932年の大統領選ではテールマンではなくヒンデンブルグに投票することで、かろうじてヒトラーの勝利を阻止できたということだろうか。浅野・吉田の両氏をヒンデンブルグ・テールマンに喩えることの非礼は措くとしても。
ここで言いたいのは、中間派であった当時のドイツ社会民主党系労働者の本能的選択、すなわち決選投票でのヒンデンブルグ支持が、私自身の選択としても適うものであることだ。「決戦投票」という2回戦目のない、1回かぎりの勝負としては尚更のことだ。
ヒトラーを勝たせてはならない。

と、ここで演説をぶってみても、おそらく確信的な石原支持派の人は当ブログを訪れることはあまりないだろうし、見たとしても翻意することは難しいだろう。
私が、ここで、できる固有のことは何か。

創価学会員として私自身が組織内部で反石原の立場を意思表示することの宣明と、我が同志の「支援」活動の対手となるであろう皆さんへの提案である。
統一地方選に臨んで、既に活発に学会活動家は動いている。その情熱は一心に同志候補者の応援に注がれている。いっぽうで首長選に係る働きかけは驚くほどない。眼中にない、といっていいほどだ。公明党が都議会与党だからといって、頑固な石原支持者であるとは決して言えない。悪く言えば無関心なのだ。(別の意味で情けないが、これが現実だ)
おそらく多くの人々は、知人や交流範囲の学会員から公明党への支援を呼びかけられるだろう。そのときに切り返してほしい。
「それではあなたは石原都知事をどう思うのか?」と。

政治の論理が希薄な、それでいて旺盛な熱意溢れる学会員活動家の支援活動に対して、皆さんは訝しく思われるであろう。だが、都知事選に関しては、どちらにでも傾く可能性のある人々なのだ。最初から決め付けてはいけない。対面して政治的議論をする機会の多い人間集団で、対話の如何によっては天秤が傾く貴重なチャンスになるはずだ。石原といえばもともとは大の学会嫌いであり、都政のなかで公明党と連携しているのは彼の側から言ってもマヌーバーにすぎない。昨今いちじるしく名目的なものに成り下がっているとはいえ、公明党の掲げる「人権」や「平和」は、石原にとって本来不愉快なものなのだ。政策の議論が不得手で、しかし候補者の人格については熱心に語る素朴な学会活動家に対して、石原の傲慢不遜な差別・排外主義者の相貌を懇々と知らしめることは、必ず心に落ちるものを刻むはずである。また、そうでなくてはならない。

言葉を向ける先を正しく選ぼう。情熱のエネルギーを有効に使おう。
反石原の広範な戦線を外部に向かって、できうる限り広げよう。

at 21:15, 主義者Y, 公明党

comments(2), trackbacks(18), -

スポンサーサイト

at 21:15, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment
katsu, 2007/03/16 5:41 AM

うーーん、この比喩は。ヒトラーに権力渡したのもヒンデンブルクですからね。

主義者Y, 2007/03/17 7:16 AM

katsuさん はじめまして
うーーん、たしかにあまり適切ではない比喩だったかもしれませんね。「ヒトラー」という名のインパクトに頼っただけの厳密さに欠ける喩えです。ドイツ現代史に詳しい人にはツッコまれ、そうでない人には「ん?」という、あまり用を成さない「歴史の教訓」(笑)
まあ、その趣旨はお汲み取りください。










trackback
url:http://ichyamada.jugem.cc/trackback/431
M. H. Square., 2007/03/12 12:38 AM

 この記事をそいつは帽子だ!のgon様にささげます。  で、なぜタイトルに「とい...

dr.stoneflyの戯れ言, 2007/03/12 9:17 AM

マッチズモというボトルの期限が切れて今日は快晴                   by 俵 万ッ智ョ

中国からみた中国と日本の違い, 2007/03/12 7:31 PM

 人によって好き嫌いも違うのと同じように、各国、各民族もそれぞれ違った飲食文化をもっている。 そして、国の違い民族の違いによって人々のコミュニケーションは、時として飲食の習慣や、価値観などの違いによって、いわゆる「飲食文化の摩擦」を起こすことがある。

かめ?, 2007/03/12 8:07 PM

両親の仕事が一段落し 子どもの学年末試験も終了。 ということで、久しぶりに 家族で築地に寿司を食いに行く。 エンガワ、ボタンエビ、ツブガイ、アワビ、ナマダコetc. そして、熱燗。 うーん、幸せ♪ でもね・・・ 動く:’07東京決戦 豊洲が土壌汚染

アッテンボローの雑記帳, 2007/03/12 10:01 PM

 「フランコ反乱軍に対するラジオでの呼びかけ。『ノーパサラン(やつらを通すな)』

多文化・多民族・多国籍社会で「人として」, 2007/03/13 12:45 AM

2007.3.12.23:45ころ。 内閣府が、昨年末に「治安に関する世論調査」

ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮), 2007/03/13 2:49 AM

浅野史郎さんを「勝手連」的に支援している左翼掲示板「四トロ同窓会二次会」にて、今回の東京都知事選を【「統一戦線」「人民戦線」という左翼的フレーム】を援用しつつ、興味深い議論が展開されていますので、こちらでも紹介します。 私自身も、石原都知事の三選

ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮), 2007/03/13 3:32 AM

2002年のフランス大統領選。 この選挙、決選投票に勝ち残るのは保守・中道政党連合が推すシラク候補(現大統領)と社会党が推すジョスパン候補によって戦われるものだと誰もが考えていました。 ところが、決選投票に勝ち残ったのはシラク氏と、外国人排斥や排外主義

多文化・多民族・多国籍社会で「人として」, 2007/03/13 10:59 PM

2007.3.13.22:30ころ ◆サヨナラ! 石原都知事 HP版 ◆サヨナラ

ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮), 2007/03/14 8:02 AM

いま、日本共産党は「しんぶん赤旗」などで「浅野氏も石原氏と五十歩百歩」「浅野氏は『福祉の浅野』を標榜しているが宮城県知事時代は福祉を切捨てた」等々、浅野史郎氏への批判を展開していますが、AMLと「四トロ同窓会二次会」にこの共産党の浅野批判の誤謬を的確に

みんななかよく, 2007/03/14 11:34 AM

「護憲」の退潮 憲法論議の中で、平和憲法を護ろうという論者が「自分は改憲派とも言えるけど」ということがあります。そして「第1章の天皇はいらない」という主張などをして、でも当面は護憲でいく、というように話を続ける。 スローガンとして「護憲」を掲げる政

M. H. Square., 2007/03/14 6:29 PM

 前のエントリーをあげてから、またあちこちのサイトを見てまわってみましたが、実に...

ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮), 2007/03/15 8:56 AM

今回の都知事選においては、共産党支持者の方達のみならず、いわゆる「新左翼」系の方達の中にも「浅野史郎氏の背後にいる民主党は『第二自民党』だから共同出来ない」と決め付けている向きの議論があるようです。 しかし、浅野史郎さんそもそも民主党推薦候補ではあ

ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮), 2007/03/16 9:01 AM

あるブログのコメント欄への投稿文をこちらにも掲載します。 【">日本の左翼は今なお決して敗れていない、敗れたのは飽くまで「中道主義」に走った社会党に過ぎないのだという主張に対して。】 フランスやドイツのように<社共よりも『左』の勢力が健闘している

中国から見た中国と日本の違い, 2007/03/18 4:11 PM

日本に来たばかりの中国人が一番慣れない日本料理は、「刺身」かも知れない。 「料理」というのはその名の示す通り、料理(調理)してから食べる食品のことだと、何人かの中国人から聞いた。しかし、日本ではただ魚を薄切りにするだけで、醤油をつけて食べる。それだ

多文化・多民族・多国籍社会で「人として」, 2007/03/20 3:38 AM

2007.3.20.03:00ころ ウルトラマンメビウスシリーズも第5回! 先週

アッテンボローの雑記帳, 2007/03/20 8:56 PM

 先ず今回の記事の題名は非常に分かりにくいと思われるだろう。先日の「ノーパサラン

ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮), 2007/03/21 9:26 AM

ブログ「アッテンボローの雑記帳」のコメント欄への投稿文をこちらにも掲載します。 というか、浅野史郎さんは民主党の推薦を貰っている訳では無いのだから、浅野さんを「民主党の候補者」のように言い立てるのは筋違いですね。 飽くまで民主党や連合の浅野さんに対