<< 共謀罪 民主党案を丸呑み | main | もうひとつ >>

「国会混乱を避けるため」?

きょうの衆院法務委員会で民主党は共謀罪の採決に応じないこととし、同法案は継続審議となった。
公明党のホームページでそのことをどう伝えているか見に行った。

ない。
きょう(6月2日付)の「デイリーニュース」の「その他の記事」にも載っていない。

それなら公明新聞はどうか。

あった。
ただし、2面のいちばん左下。
まるで読んでもらいたくないかのように、ほんの僅かなスペースで。
公明党の漆原良夫理事は与党側が民主党修正案を受け入れる理由について、このまま与野党協議を続けても平行線であることから、「民主党は、(与党による採決を)政局に利用しようとしており、国会が混乱するのを避けるため、やむなく了承した」と語った。
「理由」についてはこれだけ。

「混乱するのを避けるため」なら、与党側が採決に持ち込まなければいい話ではないか。そのために、なんで今まで散々に批判してきた民主党案を丸呑みする必要があるのか。
これが「理由」になるか!人をバカにした説明ではないか。

それから民主党へ
なんでも「対案」を出せばいいってもんじゃない。
「反対」すべきものは「反対」すればいいのだ。
条約に賛成した手前、対案を出さざるを得ないってか?

とにかく「共謀罪」の不当性を、もっと多くの人々に訴えることのできる時間ができた。
追撃の手を緩めるな!



at 22:42, 主義者Y, 公明党

comments(0), trackbacks(0), -

スポンサーサイト

at 22:42, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment









trackback
url:http://ichyamada.jugem.cc/trackback/314