<< ワセダにて | main | ゾフィー・ショル 1943年2月22日 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

左翼有名人ミーハー録

「見た」「触った」というだけの意味のない記録。

〇峅豕鼠
私を民青にオルグしておきながら自分はソ連派「思想運動」に行ってしまった友人に誘われて、ロシア10月革命の記念集会へ行った。ソ連派の諸党派大結集といった態だったが、大御所の志賀義雄が場内に登場。私は思わず彼の背広の腰あたりにタッチした。
機関紙「日本のこえ」は今でも保管してるぞ。

武井昭夫(てるお)
先の友人の関係で、たしか小川町の事務所でだったか。ベレー帽をかぶって気難しい顔をしていた。そばで活動家の学生たちが「きゃっ、きゃっ」と騒いでいたのを、「うるさい!!」と一喝。さすが初代全学連委員長の威厳を示していた。
早大ビラ撒き逮捕のシンポにパネラーとして来ていたけど、歳とったなあ。会場で機関紙「思想運動」を配布していて、節を曲げぬ姿勢には感嘆した。
ちなみに東大細胞時代に不破哲三をブン殴ってメガネを飛ばしたことがあるそうな(安東仁兵衛の本による)。

斉藤まさし
MPD(平和と民主運動?だったかな)なんて組織が参院選に出る少し前のころ。活動家に四谷の事務所に連れて行かれて、「選挙」運動の意義を懇々と諭された。急進左翼にありがちな「議会主義ナンセンス」に自分が流されていた時期だったので、いいタイミングだったのかもしれない。その後「市民選挙のプロ」とまで称される人になろうとは。
余談だが、野外集会ではトロツキスト系よりマオイスト系の活動家のほうが積極的に声をかけてきた印象があるんだけど、なぜだろう?
あ、「戦旗」の皆さんも頑張ってましたよ。「理論戦線」を買わされそうになったこともあるし(笑)

さ叛醉Π
さきの三里塚管制塔カンパ勝利報告集会で、最後にいっしょに肩組んで「インター」を歌った。ただ、それだけ。

ケ川伸明
なんの集会だったか忘れた。帰りの電車の中ですこしだけ話を。

β鴫到
「有名人」と言ってもいいのかな。しばらく「稲妻」グループに出入りしていたので、この人とはいちばん接点がある。あのころトロツキーの「次は何か」など、キッチリ勉強させてもらったのは財産になっていると思う。フェミニズムの勉強会も、このころはじめてやったな。隣に降旗節雄が座っていた。学者先生とよく出会える場ではあったんだけど。
最近JR総連に接近しているのが不評なようで、私にはまだよくわからん。昔の師匠のその後の思想変遷を追いかけきれていないので。

Д侫デル・カストロ
ハバナのメーデーで。わけのわからん外国人でも、簡単にヒナ壇に近づける。手榴弾でも持っていたら肩の弱い私でも届きそうな距離。この人はほんとうにテロを恐れていないのだな、と実感。


ほかにもいたかな?とりあえず思い出したのはこれだけ。
考えてみると、塩川氏、村岡氏を別にするとブント系、革共同系の有名人にはまるで会ったことはない(シンポ、集会等を除いて)。マルキシズムの範囲内ではあるが結果的に思想上のバランスをとるうえでよかったのか?


at 11:37, 主義者Y, 元サヨのつぶやき

comments(8), trackbacks(1), -

スポンサーサイト

at 11:37, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment
アッテンボロー, 2006/02/11 11:42 PM

 私の場合は石川一雄さんと北小路敏さんと同じ日に握手してもらったことがあります。

主義者Y, 2006/02/12 1:09 AM

おお、北小路敏さんですか。私の場合、奥浩平「青春の墓標」のあとがきを書いた人というイメージのみあって(汗)

詳しくは知らないのですが、やはり華青闘告発が中核派にとっても、被抑圧民族、マイノリティー、差別問題への取り組みの契機となっていったのでしょうか。

主義者Y, 2006/02/12 1:21 AM

自己レスですが、こんな記事がありました。
http://www.chunichi.co.jp/hold2001/anpo/
運動史の結節点として、きちんとふまえておかねばならないことですね。

アッテンボロー, 2006/02/12 11:13 PM

 確かに華青闘の告発が中核派にとって被抑圧人民・被差別人民の問題に主体的に取り組む大きな契機になっていると思います。詳しい当時の事情を勉強したこともあったのですが、恥ずかしながら詳細については忘れてしまった部分が殆どです。今、ゆっくりと再学習しているところです。

村岡で距離を接近した


きょう、村岡まで保管すればよかった?
ただ早大の財産に勉強すればよかった?

革命21事務局, 2008/10/14 4:59 PM

はじめまして。
 貴ブログへの突然の書き込みの非礼をお許しください。
 この度、私たちは「運動型新党・革命21」の準備会をスタートさせました。
 この目的は、アメリカを中心とする世界の戦争と経済崩壊、そして日本の自公政権による軍事強化政策と福祉・労働者切り捨て・人権抑圧政策などに抗し、新しい政治潮流・集団を創りだしたいと願ってのことです。私たちは、この数十年の左翼間対立の原因を検証し「運動型新党」を多様な意見・異論が共存し、さまざまなグループ・政治集団が協同できるネットワーク型の「運動型の党」として推進していきたく思っています。
(既存の中央集権主義に替わる民主自治制を組織原理とする運動型党[構成員主権・民主自治制・ラジカル民主主義・公開制]の4原則の組織原理。)
 この呼びかけは、日本の労働運動の再興・再建を願う、関西生コン・関西管理職ユニオンなどの労働者有志が軸に担っています。ぜひともこの歴史的試みにご賛同・ご参加いただきたく、お願いする次第です。なお「運動型新党準備会・呼びかけ」全文は、当サイトでご覧になれます。rev@com21.jp

無地, 2008/11/25 3:34 AM

なんだ、このキチガイブログ
いまどき、こんなブログは最悪だよ










trackback
url:http://ichyamada.jugem.cc/trackback/290
右翼討伐委員会, 2006/02/14 8:20 PM

チベット偽装の十年 木村肥佐生著 スコットベリー編 三浦順子訳にみる日帝悪part10