<< 杉浦 日向子さん逝去 | main | 「笑ってください」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

そもそもは・・3

1982年春・・・原水禁のサイトで調べたら

  5・23 「82年・平和のための東京行動」代々木公園。四〇万人参加

サークルの先輩に誘われて行った会場は、人で溢れかえっていた。
このときがはじめての「集会」参加だったのかどうか、よく憶えていない。民青をのぞけば運動系の人的つながりはなかったはずだから、たぶんそうだろう。単独でどこかへ乗り込む行動力もまだなかったし。
大学2年目の春だから19歳ということになる。
公称40万人が真実だったのかどうかはわからないが、あれほど人が集まった風景はあとにも先にも見たことがない。

人の渦、渦、渦、群れ、群れ、群れ・・あちらこちらでマイクを握る人がいたり、パネル展示を並べていたり、書籍・パンフを売っていたり・・・
そこここで配っているチラシを受け取っていると、あっという間に束になった。

先輩に連れて行かれた一角には、学生と思しき集団がしゃがんでいた。前方には何本もの大学自治会の旗を持った人間が立っている。
「ここで学生だけの前段集会をやるんだ」という先輩の説明に、特に不審は抱かなかった。あらかじめそんなことは聞いていなかったが、どんな「範囲」の学生なのかとも、その場では尋ねなかった。そんなものなのかなと思う程度の、牧歌的でウブな私であったのだ。

各大学自治会の代表が、次々にマイクを取ってアピールをする。帝国主義がナンタラカンタラと世界情勢が語られたり、平和運動にとりくむ民青・日本共産党の姿勢が批判されたりする。
フムフムと聞いていると「中核派は・・・」などという批判も出てきたりする。
「???」
ふと気が付くと、横合いからは「革共同」と書いた横断幕がせり出してくる。
「!!!」
そして最後のアピールが「全学連(革マル派)委員長」のあいさつ!

おバカな私は、ここに来てやっと、学生会館入り口に貼ってあった革マル派ステッカーと、会館内に棲息する社会科学サークルがつながったのだった(汗)

なぁんだってえ! 革マル派だとぉおお! と憤然、席を蹴って立ち去るほどの見識も度胸もその時の私は持ち合わせていなかった。それどころか「我々はたたかうぞぉー」のシュプレヒコールに唱和するふがいなさ・・・その場の同調圧力に易々と屈する情けない若者だったわけである。トホホな私は結局、サークルにその後2年間在籍することになる。

そして「前段集会」の学生たちは6、7人の縦列を組んで、会場内デモ行進に進発する。小走りにうねうねと蛇行するデモ行進・・・私のデモ初体験はジグザグだった。もちろん三点セット(ヘルメット、サングラス、マスク)はなかったけれども。
中央集会の退屈な演説を聞いたあと、先輩とどこで別れたのかは憶えてない。会場をひきあげようと原宿駅側の出口に向かうと、白いヘルメットの集団が固まって動いているのが見えた。こちらは完璧に隊列が一体になって、ひとつの生き物みたいにうねっている。すげー!
「このエネルギーを三里塚へ!!!」と我鳴るハンドマイクの声。
反核がなんで三里塚になるんじゃい、と心の中だけでツッコんでいた私だったけれど、はじめて見るデモ隊列の迫力ではあった。

あれはさながら、全左翼党派の見本市の観を呈していた。ああいう風景はもう見られないのかな。

そういえば「竹の子族」をはじめて間近に見たのもあのときだった。

「その4」は、そろそろ「そもそも」でなくなってくるので、題名を改めて考えます。


↓この記事に「ん」と思ったらクリックしてください^^)

人気blogランキングへ

at 18:42, 主義者Y, 元サヨのつぶやき

comments(6), trackbacks(1), -

スポンサーサイト

at 18:42, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment
setuko, 2005/07/27 8:08 PM

懐かしく拝見しました。今の大学生に、学生運動と言う言葉も知らない人が、多い中、学生運動が、まだ盛んだった時代なのですね。私も代々木公園の集会に参加したこと、思い出しました。山田洋二監督作品の中に、時々集会のシ−ンが出てきます。真ん中に必ずアコ−デオンを引いていた人が、いて、それにあわせて、遠い世界に旅に出ようか、等と声高々に歌っていたこと、思い出しました。時代は、30年位前のことです。なにが原動力になっていたのでしょうか?今は、かなり覚めた目で見つめているだけです。

アッテンボロー, 2005/07/27 10:38 PM

 羨ましいですね。そんな大きな集会に参加した経験があるなんて。僕なんかせいぜい一万くらいの集会しか参加したこと無いです。95年の沖縄県民集会の10万人結集の時は参加できなかったし。嗚呼羨ましいです。

大きい原水禁とか広い代々木公園と広い平和などを行動しなかったの?


MH, 2005/08/07 1:38 AM

学生時代の記憶が蘇りました。私が大学生だったのは90年代後半ですが、4年間民青で活動しておりました。
 新左翼の学習会に出席したところ、民青であることがばれて吊るし上げられるという体験をきっかけに、左翼団体相互の対立を知りましたが、なぜかくも激しい対立が生まれたのかは今以って理解しかねるところです。
 

主義者Y, 2005/08/07 9:48 AM

MHさん はじめまして
新左翼の会合で吊るし上げとは、悲惨な体験ですね(汗)
反代々木的な感情についてはわからなくはないけど、目の前の人物に対する懐の深さはもっとあってしかるべきだと思います。どの党派かはわかりませんが、対抗党派や権力に対する警戒心が強いところほど、見知らぬ人間に対する態度にはシビアなものを感じます。

矢野通彦, 2005/09/28 11:28 AM

なるほど。










trackback
url:http://ichyamada.jugem.cc/trackback/232
別に気にしなくてもいいんだが, 2005/07/27 9:34 PM

* 平成11年発行の「新編新しい社会 歴史」(東京書籍) 293ページより (写真のキャプション) 「核兵器廃絶を祈って 1980年代に入ると、市民による反核運動が世界的に高まりました。なかでも、19