<< 坂口尚「石の花」から | main | スーダン・ダルフール紛争を見る眼 >>

スーダンの片隅で

きのう、NHKスペシャル「21世紀の潮流“アフリカ ゼロ年”.献Д離汽ぅ匹鮖澆瓩襪里話か〜スーダン・ダルフール紛争〜」を見た。

はっきり言おう。「映画のタスキ」エントリーで「ホテル・ルワンダ」のことを話題にしていなければ、この番組を見ていなかったと思う。私自身もアフリカには無関心だったのだ。意識のアンテナを向けるのは、ほんのちょっとしたきっかけだ。
ルワンダの虐殺にしても、どこかでとおりいっぺんに読んだだけで、ツチ族とフツ族という部族名は憶えてはいるが、はて、どちらが多数派でどちらが政府側だったか?という程度の関心にすぎなかった。犠牲者100万人という数字が、心のどこにもひっかからずに記憶の彼方に過ぎ去っていた。

スーダン西部のダルフール地方では、アフリカ系住民と中央政府の支援を受けるアラブ系住民の対立がある。番組ではAU(アフリカ連合)の国々が合同で組織する軍部隊(アフリカ版PKOとでも言おうか)の活動を追っていた。
ダルフール地方はフランスの国土ほどの広大な地域だ。そこに展開するAU軍は3000人。対立する双方の武力衝突を未然に防ぐためには、あまりにも少ない。
衝突が予想される双方の村の軍隊を撤退させ、AU軍を駐屯させようとする交渉が進められた。だが、アラブ側の拒否によってその交渉が暗礁に乗り上げたとき、破局が訪れた。アフリカ系の村がアラブ系民兵の襲撃を受け、数十人の人々が殺され、村は焼き尽くされて1万人の村人は難民となる。

廃墟となった村にかけつけたAU軍の副司令官は、ルワンダの軍人だった。番組では深く掘り下げていなかったが、彼の目には炭と灰になった村の風景はどのように見えただろう。
スーダンは20年来の内戦をようやく収束させた。それは南部の油田発見が列国の関心を引いたからだ。石油の安定供給を求める中国は、スーダン政府と協定を結ぶ。ダルフールで頻発する虐殺が「ジェノサイド」と国連で認められないのは、中国の思惑もからんでいる。(中国はやはり、自己に都合の良い民族主義は改めなければいけないと思う)
経済的関心を呼ばないルワンダやダルフールは、どの武装勢力によってどんな虐殺行為が展開されても、ただ放置されるだけなのだ。

地球上におこる非人道的な事件・行為は枚挙に暇がない。そのすべてに目をくばり、関心を持ち続けることは難しい。嘆き悲しむ難民の姿を見てさえもそうなのだ。
それを突破するのは、たぶん・・・人間的な共感だ。
ルワンダ人の副司令官の姿がひっかかった。彼はかつてどんな地獄を見たのだろう。どんな思いで自分の任務に取り組んでいたのだろうか。

はるかに何年も前に読んだ岩波ブックレットのことを思い出した。
犬養道子の「飢餓と難民 援助とは何か」の巻末だったと思う。
ポル・ポト体制下で家族を殺されたカンボジアの少女。タイの難民収容所で親しくなったその少女と著者が最後に別れる場面がある。任期が切れて日本に帰る著者に向かって少女が叫ぶ。

日本に連れて行ってください。日本に行って勉強させてください。
なぜ自分がこんな目にあったのか。
なぜこんなに大勢のひとびとが、殺されなければならなかったのか。
それが知りたい。なぜそうなってしまったのかを勉強して
平和の役に立てる人間になりたい。

手元に本がないので正確な引用ができないが、収容所の柵にしがみついて叫ぶ少女の声を、その声を振り切るようにして立ち去ったことを、著者は最後に書いている。

私たちの援助とは何か。誰に応えるべきなのか。
必死のひとりから、世界が近くになる。世界がたぐり寄せられてくる。
もっといるはずだ。もっと至るところにいるはずだ。
その、ほんとうの声に応えたい。




人気blogランキングへ

at 15:49, 主義者Y, アフリカ

comments(2), trackbacks(2), -

スポンサーサイト

at 15:49, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment
jojo, 2005/07/11 7:56 AM

トラバから来ました。

どうして日本ではホテルルアンダを上映しないのでしょうね?
興業収益が見込まれないからでしょうか?

コートジボワールでは上映しています。

コートジボワールから日本へ帰る途中の飛行機で、飛行機内のビデオはホテルルアンダを上映するようになっていました。

残念ながら、上映する路線とは違ったので見ることができませんでしたが。

まずは関心を持つ、それが入り口だと感じています。

主義者Y, 2005/07/11 9:19 AM

jojoさん はじめまして
こちらからTBを打たせていただいたのに、さっそくコメントをいただきましてありがとうございます。なんか嬉しいです(^^)
ちょっと見た目にガリガリのサヨクブログですが、アフリカのことを中心に書いたエントリーははじめてです。
NHKの番組のことをとりあげたブログもいくつか散見されました。やはりテレビの影響力は大きいですね。
いちばん遠いところにいる人々に目を向けることで、地球全体を包み込むことになるんじゃないか。そんなことを思ったのです。
もっとアフリカのことを知りたくなりました。










trackback
url:http://ichyamada.jugem.cc/trackback/223
Trace Am's Life to Success, 2005/07/11 2:37 AM

「アフリカゼロ年 ジェノサイド大量虐殺を止めるのは誰か」〜スーダン - ダルフールの悲劇〜NHKスペシャルで,世界がグローバル化に傾く一方で,内戦・テロ・貧困という“負の連鎖”により,成長への足掛かりをつかむことさえ難しいアフリカ諸国の現状を4回にわたっ

Nyandafool!!, 2005/07/11 4:00 PM

NHKで『アフリカゼロ年』と題して、4回シリーズを放送(9:00〜9:52)7月9日(土)第1回「ジェノサイドを止めるのは誰か〜スーダン・ダルフール紛争〜」私は見ていないのですが、放送されたのだそうですダルフールは、下の地図中スーダンとチャドの国境沿いにありま