<< こうの史代原画展 | main | 対独終戦60周年 >>

ネットで勉強はできません

今日の「天声人語」から
 都内の私大で第二外国語のスペイン語を教えている知り合いによると、年々辞書を持たない学生が増えているという。毎年、最初の授業で何冊かの辞書を推薦するのだが、今年3回目の授業で尋ねたところ、クラス30人のうち購入したのは3人だった。かなり前なら、外国語を学ぶのに辞書を買うのは常識だった。いまの学生が辞書を買わない理由は「高い」「重い」「引くのが面倒くさい」の三つだという。
辞書なしでどうやって外国語を学ぶのか?自分自身は英語が恥ずかしいくらい不得手で、ドイツ語も大学で6年間(笑)おつきあいした口だが、辞書すら買わんというのは信じがたい・・・
辞書に限らず、本というものを買っているのだろうか。ネットでだいたいのことは分かってしまうから必要ない、などと考えてないだろうな?
「検索エンジン」が、かえって人間の知的能力を減退させていると本気で思ってしまう。モニター画面で読める文字数なんてたかが知れている。早い話、2時間も3時間も見ていられるか?マルクスの「経済学哲学草稿」をパソコンで読めるか?無理だろ。ネット上に人類の智慧がすべてちりばめられていると思い込んでいるとしたら大間違いだ。
ネットの記事は知識を仕入れるのには便利だが、吟味する力は育たない。ましてや思索の力や精神性を深めるなんて、よほどの名文に頻繁にヒットするようでなければ機会はない。自分の力を超えるものに「打ちのめされる」ことを通じて成長していくんだから。本なら我慢して読みとおしていくだろうが、ネットならプイッと違うサイトに行けばよい。堪え性が身につかない。
そんな長大で読みにくいものは時代遅れで読む必要はない、と開き直る奴がいるのかな。もしいたら、路上で本を焼いたファシストとどこが違うんだ?

学生は最低でも3日で1冊は読め!!!
自分の読解力が追いつかない本を読め!!!


↓この記事に「ん?」と思ったらクリックしてください^^)

人気blogランキングへ

at 13:39, 主義者Y, インターネット

comments(3), trackbacks(2), -

スポンサーサイト

at 13:39, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment
平和の闘士, 2005/05/09 8:23 PM

私も同感です。語学の勉強をするのに辞書を持たないなんて、信じられない。何のための学生なのか理解に苦しむ!
又、本を読まないなんてもっと理解に苦しむ、学生でしょ、全く、ボキャブラリの少なさも、最近の学生の姿でしょうか?
何のため、大学に行くのか知恵と知識と人格を磨くために行くのではと私は思います。
人の為に、と言う行動も少ないのでは・・・
今回のJR西日本の現状を見ても、最近の報道を聞いて、当日に宴会をやっていたり、ゴルフをやっていたり、その中に国会議員も(民主党)
私も歳を取ってしまいましたが、もっともっと勉強をして、人の役に立ちたいと今、痛切に思っています。
代わりに私が行きたい。
(時間とお金が無いのが悔しい)愚痴か(苦笑)

主義者Y, 2005/05/09 9:52 PM

平和の闘士さん どうもです。
お互い歳をとると、ついつい「近頃の若いモンわぁ」という嘆きになりがちです(笑)
自分自身の研鑽にも努めなければいけませんね。私の場合、学生時代と比べると哲学や諸社会科学の名著に挑戦することがなくなっちゃったなあと反省しています。時流の著書をかじったり、歴史的知識の外延を広げるための浅薄な読書に陥ってしまっておりますね。エントリーで書いた「経哲草稿」なんて読んでも全く意味がわからなかったけど、「無意識」の言語化されない領域を耕作したんだと勝手に意義付けてました(笑)読書なんて、そういうことの蓄積で徐々に読解力と視野を深めていくのだと思います。

モラルハザードについては別の角度から考えましょう・・・

主義者Y, 2005/05/09 10:02 PM

気になって「モラルハザード」を調べたら、本来の意味とはズレて使われてきてしまっているようですね。
「倫理崩壊」と言い換えましょう。
JR西日本の宴会問題は「事故現場に群がる取材ヘリ」でも書きましたが、私はちょっと違う考えを持っています。










trackback
url:http://ichyamada.jugem.cc/trackback/186
知って得する!トリビアの泉!, 2005/05/09 4:16 PM

 僕の世代では、語学を学ぶのに辞書を買わないなんて、考えられない。ページ内容を憶えては、そのページを食べてしまう先輩もいたくらいだ。新しい辞書が手あかで汚れるまで、使い倒したものである。今も本棚に使い古した辞書があるが、僕の頭のなかには、10分の1も

旗旗, 2005/07/18 7:59 AM

「難しい言葉で理屈をこねくり回す」学者たちの姿勢や、「何のことかさっぱりわからない」ような左翼の文章が否定され、ついには現状を批判的に考察して革新していこうという姿勢さえ軽んじられて受け入れられなくなっています。こういうものを受け入れたり理解したりす