<< 憲法論議メモ | main | JR西日本の文書改変要求 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

なぜ同僚を見捨てた 尼崎脱線事故

事故列車に乗っていたJR西日本の運転士2人が、犠牲者の救出に向かわず上司の指示を受けてそのまま出勤した。

惨状を目の当たりにして、一刻も早く助けなければ失われる命があるという現場で、なんということだろうか。
人間として、職業人として、乗客の命を助けようとするのは当然だが、せめて自分の同僚がどんな状況に陥っているのか気にもしなかったのか。

「先頭車両がグシャグシャになっている」のを視認しながら、同じ運転士の仲間がどうなったか、そういうことを気遣う想像力すら失っていたのか。

同じ日に「親睦ボーリング大会」に興ずる社員たち。
胸の悪くなるような冗談としか思えない。



人気blogランキングへ

at 09:18, 主義者Y, 時事

comments(0), trackbacks(1), -

スポンサーサイト

at 09:18, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment









trackback
url:http://ichyamada.jugem.cc/trackback/179
ニュースブログ17 - きょうの出来事、事件、事故、災害、過去のニュース、日記など, 2005/05/05 10:05 PM

回送電車から飛び降り死亡 横須賀の海自隊員 4日午前零時半ごろ、千葉県茂原市長尾のJR外房線新茂原駅を通過していた回送電車の車掌が、乗客の男性がホームに飛び降りるのを見つけ、急停車した。男性は病院に運ばれたが、全身を強く打っており、間もなく死亡した。