<< 中国の反日デモ(2) | main | 「父と暮せば」アメリカで初上映 >>

戦闘用ロボットがイラクへ

昨日(18日)の朝日新聞の「天声人語」で、イラクでの治安対策のため米軍が無人兵器を投入する計画を進めているという話を読んだ。
この兵器についての詳細が知りたいと思い、検索などして調べてみると↓こんなサイトに行き当たった。

「米軍、イラクにロボット兵士を派遣」(「アメリカ学研究所」)
「アメリカ人が死なない戦争」(「アメリカ学研究所」)

今はまだ性能やコスト面の問題から、生きた兵士の完全な代用にはならないだろう。しかし、これらの一方的な殲滅兵器は確実に、これからの「非対称」戦争の主戦力になっていくと考えられる。
その第一歩が具体的にはじまった。
東京大空襲のエントリーでも、爆撃手の視線について触れた。
「地上に人がいることに」気づくのに、どれだけの歳月がかかったか。
兵器の発達は人殺しの実感から兵士を遠ざけ、人殺しの精神的負担から解放する。遠隔地のモニターを通せば、飛散する人間の肉片を見ずにすむ。よりいっそうゲームのように人が殺せるようになる。
もとより死者によって残された者の嘆きや悲しみ、痛みに直面しなくてすんでいたのが、もっとその想像力は希薄になり、「任務」は容易に遂行できるようになるだろう。
無人兵器の本質は人命の尊重ではなく、殺人の罪悪感を払拭することにある。遠隔操作する兵士のひとりひとりが、爆弾投下スイッチを押すB29の乗員のように、気楽に殺戮ができるようになるのだ。



写真は「ゴリアテ」という遠隔操作の自爆戦車だ(ワルシャワ軍事博物館で撮影)。ナチス・ドイツ軍によって開発され、ワルシャワ蜂起(1944年8月)の鎮圧のさいに活躍した。市街地のビルなどに隠れ潜む抵抗勢力の掃討で威力を発揮した兵器である。
このような兵器は、自軍の側の火力が圧倒的に優勢な状況で活用される。正規軍同士の戦闘ではなく、対ゲリラ戦(=「非対称」戦争)により有効な兵器なのだ。これは、いままさに「帝国」の位置にあるアメリカの軍事戦略にかなっている兵器体系だと言えよう。

殺人意識の希薄化は、私たちの茶の間のテレビ映像にもつながっている。(何を映さないのかも含めて)



人気blogランキングへ

at 11:46, 主義者Y, イラク

comments(5), trackbacks(1), -

スポンサーサイト

at 11:46, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment
setuko, 2005/04/19 3:36 PM

私も今朝の新聞で見て凝額しました。とうとうここまで来たのか?戦慄を覚えました。いくら戦争の形が変わっても人が人を殺すことにためらいがなくなるなんて?
科学の進歩は、素晴らしいものがありますが?科学が殺人兵器を作るなんてあまりにも恐ろしい感覚です。手塚おさむさんが、生きていらしたら、さぞ嘆くことでしょう。

tamy, 2005/04/20 8:36 AM

ときどきのぞかせていただいています。トラックバックさせていただきました。その国にどこまでもついていくことが「勝ち組」なのか、本当に疑問です。殺すことをおそれず、いのちを感じない戦争をする国、弱者の犠牲を直視しない政策へすすんでいくのでは。いずれにしても、「現実」に驚いてばかりではいられません。

主義者Y, 2005/04/20 11:21 AM

setukoさん tamyさん ありがとうございます。
素朴に思うのです。ああいう兵器に殺された側の人間が、どんな思いを抱くのだろうかと。
戦場ですら対等になれない死が、より一層の憎悪を拡大させていくは目に見えています。私が直感的に感じた危険はここにあります。無人兵器の投入は、憎むべき敵国の市民社会を戦場化すること、すなわちテロリズムの拡大を結果させます。
人間を害虫のように駆除できると考える力の思想では、絶対にテロリズムを押さえ込むことはできません。

setuko, 2005/04/20 1:08 PM

どんな人が、開発したのか、またどんな思いで開発にいたったのか?経緯はわかりませんが、人間として生きていく上で人の痛みや、苦しみを共感したことが、なかったのでしょうか?科学の発達は、素晴らしいと思いますが、年齢を重ねていくと、一人取り残されていく自分に、きずきはっとする場面に出会い、寂しい限りです。

きょう、朝日新聞は人語が話♪
しかし朝日新聞で計画するはずだったの。
しかし朝日新聞とコストっぽい殲滅しなかったよ。
しかしきょう板門店のとろちゃんがここで戦争したよ♪
しかしここまで朝日新聞は具体が戦争したかも。










trackback
url:http://ichyamada.jugem.cc/trackback/170
tamyレポート, 2005/04/20 8:21 AM

 米軍の無人兵器・戦闘ロボットがイラクへ派遣?   そんなテレビゲームのような話