<< 無題 | main | マイナンバー >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

ヴァンゼー会議



ベルリン西南の郊外。ポツダムの手前あたりにヴァンゼーという湖がある。この湖畔の邸宅で1942年1月20日、国家保安本部長官ラインハルト・ハイドリヒの主催で「ユダヤ人の最終的解決」のための会議が開かれた。ナチ国家の関係官庁の上層指導者が集められ、ここでヨーロッパ・ユダヤ人の国家的規模による計画的殺害が優先事項として確認され、各機関の権限や役割が調整された。絶滅過程が大規模に進行をはじめたのは、この会議以降である。
会議を実務的に仕切ったのが、あのアドルフ・アイヒマンだ。

写真でレクチャーを受けているのはドイツ連邦海軍の高級将校たち。この部屋で当時の会議が行われた。日本の自衛隊では戦跡めぐりはしても、こういう人権にかかわる場所は見学しないだろうね。




正面玄関から建物内部に入ったところ。




会議場の前はすぐ湖。ヴァンゼーはベルリン市民の憩いの場所だ。ずっとのんびりしていたい、と思った。




独ソ戦の開始とともに、戦闘部隊のあとからA〜Dの4個部隊編成の特別機動殺戮部隊(アインザッツグルッペン Einsatzgruppen)が続いた。彼らは占領地域でユダヤ人を狩りだし、大量殺人を重ねていった。写真はアインザッツグルッペンA部隊の指揮官ヴァルター・シュターレッカーによる報告地図。棺桶の横の数字が殺害した人数になる。エストニアには「JUDENFREI」と書いてある。ユダヤ人から自由になった、すなわち絶滅完了という意味。

これらはアウシュヴィッツが建設・稼働される以前の段階である。殺戮部隊は銃殺によって任務を進めてきたが、人間を殺し続けるという負荷に隊員が耐えられなくなってきたため、絶滅収容所による殺人工場的な手法が導入されたのだ。




上の写真はネットで拾ってきたもの。ショアーに関心がある人には見慣れた写真だが、1942年ウクライナのアインザッツグルッペンによる殺戮。子どもを守ろうとする母親を撃ち殺す隊員。

at 22:10, 主義者Y, 旅の写真

comments(0), trackbacks(0), -

スポンサーサイト

at 22:10, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment









trackback
url:http://ichyamada.jugem.cc/trackback/1290