<< 無題 | main | ありがとう >>

ビルケナウ収容所

先月のポーランド、ドイツの旅で撮ってきた写真・動画をPCに落とした。

写真の枚数でいうと約2100枚。
サイテーの気分で旅をしてきたわりには、それなりに撮っている。
どんな状態になろうとも、自分は自動撮影機械になるようだ。

ところが今まで他人に旅の報告らしき話をしたのは、全員あわせて延べ5分といったところか。
つまり全く話をしていない。

意味がないのである。時間と費用をかけて行ってきた意味がないのである。
自分の内側には印象や経験はどんどん溜まっていくが、写真としても言葉としても他人にはいっさい伝えていない。
こんなことも珍しくなくなってしまった。
世界に関心があるようなフリをして、実のところは、私は自分のまわりの人間世界には全く無関心という
ことだったのだろう。

まあ、ヨーロッパを旅してきたと言うと、たいがいは「どこが綺麗だった?」「美味しいものは何を食べた?」って
訊かれるのが定番だから。
アウシュヴィッツ、なんていうと沈黙しちゃうもんね。

親にも黙って出かけたしなあ。これからも隠しておくけど。
バレたら「無駄遣いすんな!」と文句言われるだけだし。

何のために行ってきたのかなあ。

ああ、こんなことを書くと疲れる。





at 00:04, 主義者Y, 旅の写真

comments(3), trackbacks(0), -

スポンサーサイト

at 00:04, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment
あるみさん, 2015/10/06 11:25 AM

どっか公共のホールでも借りて、写真の展示会なんか開催されてはどうでしょうか?

主義者Y, 2015/10/06 10:55 PM

あるみさんさん、今までに何万枚と撮ってきましたが、ほとんど人に見せたことはありません。
たぶん歴史的な記録にはなると思うので、私の死後に公開できるような準備はしておきたいと考えてます。
私の買ってくる本の量と同じで、おそらく自分の生涯の時間中には活用できないと思います。

主義者Y, 2015/10/07 7:37 PM

前言撤回。誰も他人の遺産なんかいじりたくないでしょうから、全くの無駄になることは覚悟します。そのほうがいいかも。最初からなかったことにすればいいのです。そうすれば誰もが心穏やかに過ごすことができます。










trackback
url:http://ichyamada.jugem.cc/trackback/1287