<< 悲しければ | main | 先程まで >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

今日はお休み

心身ともに疲れが非常に出てきたので、今日は休みをとらせてもらった。
今日と土曜、日曜、とにかく休もうと思う。
昨日は仕事が終わったら、すぐ帰りたいほどの疲労感だったが、組合関係のセミナーがあったので出席した。
受付で「交流会にも参加しますか?」と訊かれて、つい「はい」と言ってしまった。
なんて自分はバカなんだろうと思いつつ、セミナー終了後に会場へ足を運んだ。
私はほんとうは、よほど親しい人々との酒席でなければ参加はしたくない人間なのだ。
案の定、私以外の人々はお互いに面識があるようで、和やかな歓談がはじまった。私は適当に相槌を打つだけ。

それぞれの知己や家族のことに話が及ぶにつれ、私は海の底へ入っていく。

この一ヶ月を思い出し、鉛のような鈍い感覚が胸を浸している。なんでこんなところへ来てしまったんだ。
いままで何度も酒席ではそんな思いに捕われてきたが、こんなに辛いと思ったことはない。
溌剌と笑い語る人の顔がたいそう羨ましく、別世界の人のように見える。
これではいけない、自分はこれから組織の長になる。あれくらい溌剌としていなければ人を引っぱれない。
しかし自分を偽って無理をするのはもうできない。それでは今までどおりの自分になってしまう。
もしも、この間の自分に何らかの前進があったとするのなら、そこへ戻ることはできない。

やっと隣の人と対話がはじまった。いままで何度かの会議で見かけた、才気煥発な若い人だ。
この度出身単組に戻り、あらためて役員選に出るという。国会前にも何度も行ったという。
30代半ばの彼の話を聞き、ああ自分より若い世代でもこういう頑張っている人がいるんだなあと、実感する。
よく勉強している。ものごとの捉え方も、私と重なる部分が多い。自然と、私も言葉が出るようになる。
途中で帰ってしまおうとすら思ったが、最後には彼と名刺交換もできた。いずれ彼の力も借りるかもしれない。
そうだ、私も、私がこれまで培ってきたものを、自分の外に出さなければ。
自分が楽に、ひとも楽になれるように。

人と無理なく本当に繋がることで、自分を突破しよう。

さきほど旅のカバンの中身をやっと整理して、もとの場所におさめた。
さて、これからはどこを片付けよう。

at 12:54, 主義者Y, 身辺雑記

comments(0), trackbacks(0), -

スポンサーサイト

at 12:54, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment









trackback
url:http://ichyamada.jugem.cc/trackback/1284