<< 黙って行かせて | main | 難民について >>

アウシュヴィッツ解放60周年

1945年1月27日、アウシュヴィッツ収容所はソ連軍によって解放されました。

現在、ヒルバーグの「ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅」に挑戦しております。
「予備的考察」「前史」「絶滅の構造」「ユダヤ人の定義」「収用」「強制収容」と読み進んできておりますが、ボリュームたっぷりで果たして読了はいつになるのやら・・・収容所どころかゲットー設置の話もまだ出てきません。
頭の中が膨大な情報量で埋め尽くされておりまして、うまく整理がつきません。ただヒルバーグが、ナチ当局の夥しい行政文書等を活用して、絶滅機構が整備・推進されていく様を精緻に追っていくのに圧倒されます。
いわゆる歴史修正主義なるものはこの分野にもあるわけですが、地味な歴史研究者の作業を無視して蒙昧な説を流布しているわけです。・・・ふう

というわけで(どういうわけで?)今日はまとまった論考を書く気力がありません。
とりあえず、ネットで気になった記事などご紹介・・・この中の歴史家バゼッティのインタビューなどは注目かと
「ランプ」の復元が先月からはじまってるなんて知らなかった・・というか、今までほったらかしにされてたんかい!(↓写真)

(石の置かれてある場所で、到着したばかりのユダヤ人は強制労働につかせられる者とガス室行きの者とに分けられた。)


↓この記事に「む」と思ったらクリックしてください^^)

人気blogランキングへ

at 21:29, 主義者Y, ホロコースト

comments(9), trackbacks(2), -

スポンサーサイト

at 21:29, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment
setuko, 2005/01/29 8:41 AM

イギリスで若者の第二次戦争の悲劇を知っている人が、確か世論調査で6割?に満たない事を知って驚きました。日本でもそんな世論調査をしたら多分同じような結果になることと思います。松井やよりさんの本を読んで彼女の戦後史を掘り起こしていく作業には、ただ頭が下がります。民主法廷であっても、慰安婦などいなかったと公言してはばからない政治家がいる事も確かで、事実を追求していく作業は、困難を極めただろと想像するだけですがこんな悲惨な戦争被害者がいる事を後世に伝えて行く事も今を生きている私に出来る事かな?そんな思いを抱かせてくれた一冊の本でした。

主義者Y, 2005/01/29 7:09 PM

>setukoさん

コメントできるみたいですね(笑)よかったよかった。
歴史意識の継承は地道な作業です。自分自身の認識を深めることも、継承(される側として)だと思っております。
ともに頑張りましょう。

setuko, 2005/02/03 4:24 PM

何日か前の話になりますが、夕食の時娘と何気ない会話の中で、貨物列車を見るとどんな気持がするか?話していたら彼女はユダヤ人がこの貨車でアウシュビツまで運ばれた事を思う、私と同じ気持なんだ。一人納得していました。男性と女性は考え方が違うのかも知れませんがやはり今でも貨物列車を見ると不快感がぬぐえず嫌な気分になります。

setuko, 2005/02/05 12:46 AM

今日手術なんてとても偶然ですが?私の誕生日です。何回目かの
今日は立春です。貴方にも手術の事も含めて良い春が来るようにお祈りいたします。

setuko, 2005/02/07 1:28 PM

グッバイレ−ニンの映画レンタルビデオ店で借りてきてやっと観ました。家族3人で、感想は色々ありますが、母親をかばえる息子に涙しました。貴方はご存知でしょうが?最近去年結構話題になった本で13歳のハロ−ワ−クを読みとても参考になりました。
良い会社良い大学そんな時代は過ぎ、色々な職業を紹介している本ですが、やはり時代が変わり選択肢は、色々あるよ、そんな事を改めて感じさせてくれた一冊でした。

setuko, 2005/02/10 11:48 AM

リハビリも順調に進んでいるようで、一安心してます。此処の所立て続けに、グッバイレ−ニン、トンネルと観ています。やはり自由に物事が言える社会のありがたさに改めて認識しなおしました。戦前に生きた人々の思いをかみ締めながら平和の持つ意味を問い直す姿勢の大切さ、しみじみ感じております。お体お大切に一日も早いご回復をお祈りいたします。

主義者Y, 2005/02/11 10:17 AM

>setukoさん
「トンネル」も見ましたよ。ベルリンは私にとって思い入れの深い都市です。1987年にはじめてヨーロッパへ行ったとき、ベルリンの壁を東西から見ました。この壁が崩れるのはあと何年くらいかかるのだろう・・・と思い見やっていたのですが、その2年後に崩壊。その翌年には東ドイツ自体が消滅するとは夢にも思いませんでした。
朝鮮半島の休戦ラインも、はやくなくなるといいのですが。

setuko, 2005/02/14 7:48 AM

最近のニュ−スで北朝鮮の金主席が、核兵器を持っているとかなり強気な発言が伺えます。背後に何かあるのでしょうか?そのことで一般の貧しい庶民に影響はないのでしょうか?唯一の被爆国家であの惨劇が二度と起こらないことを願いますが、貴方はどんなお考えですか?少し聞いてみたくなりました。

主義者Y, 2005/02/15 9:11 AM

>setukoさん
いつもながらの恐喝外交ですが、ほんとうに核兵器を保有しているかどうかは私はわかりません。
くどいようですが金「総書記」です。

ヒルバーグの本、あと100ページほどで読み終わります。










trackback
url:http://ichyamada.jugem.cc/trackback/126
IAN45=Intelligence Agency on N45, 2005/01/29 12:14 AM

最近の映画で『戦場のピアニスト』という作品がある。数々の賞を受けた作品であるが、私は余りそういうことは気に掛けない。興味が沸いたり、機会があった作品を観て、気に入ったり、価値があると思えば人に奨める… 『戦場のピアニスト』は何かの映画を札幌で観た折

本宮ひろ志先生を支援する勝手連(通常時・ネット右翼問題を考える国民会議), 2005/01/29 6:13 PM

ネット掲示板「2ちゃんねる」上においては最近非常に議論がしにくくなっています。ウヨク的で悪質なコピペ荒らしなどが横行し、特に政治的な話は有意義な会話などができなくなっているのです。 そこで何か良い別の掲示板はないかと探したところ、2ちゃんねるの関係者がB