<< オマハビーチにいます | main | ペガサスブリッジに来ました >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

オマハビーチのアメリカ軍墓地



ここに来るのは二度目なのですが、いつも複雑な気分になります。


戦友でも遺族でもない地球の裏側から来た人間としては、死者の思いを想像する術は限られています。
私なんぞは映画「プライベート・ライアン」とか最近の「フューリー」なんかに影響されてしまうのだけど、つい人間の死に意味付けをしてしまいます。あろうことか場合によっては感動すらしてしまう。

上記の作品は優れているとは思うけど、戦争そのものを否定してはいないのです。

いっぽうでアンネ・フランクの日記などで、連合軍の上陸がナチの支配を終わらせる希望となったことも思い出す。

戦死者への追悼が戦争への動員に作用する「装置」に回収されないよう自分を保とうと思うけれども、それは難しいことなのかもしれません。平和を創ることは葛藤なのです。

at 17:20, 主義者Y, 旅の写真

comments(0), trackbacks(0), -

スポンサーサイト

at 17:20, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment









trackback
url:http://ichyamada.jugem.cc/trackback/1255