<< サハリンが見えます | main | 10・13での左派統一行動を呼びかけます! >>

ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク

以下転載です。全面的に賛同します。          


ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク 


設立宣言


 いま、在日韓国・朝鮮人を標的とするヘイトスピーチが、各地で凄まじい勢いで拡大している。 多文化のもとで共生する人びとの平穏な生活を切り裂き、民族差別や人種偏見に満ちた、侮辱的、脅迫的言動が繰り返されている。


 ヘイトスピーチは、街頭だけでなく、ネットやさまざまなメディアでも繰り広げられ、差別、偏見、攻撃の言説を執拗に展開している。
なかでも日本軍性奴隷被害者(いわゆる「従軍慰安婦」)とされた女性たちに向けられる侮辱と憎悪の表現は、人権の価値を根こそぎ破壊するレベルにさえ達している。


 ナチス時代のユダヤ人などへの迫害、かつての南アフリカでのアパルトヘイトやアメリカ南部におけるKKK団のリンチを想起させるような激しい侮辱と憎悪表現に対して、日本社会からの反応は、いまだあまりに鈍い。


 在日韓国・朝鮮人は、日本による侵略と植民地支配によって生み出された。その存在の歴史性に対する決定的な無知と、「言論の自由」の尊重という口実のもとで、この社会の多数派は、この卑劣で暴力的なヘイトスピーチを黙認し続けている。


 ヘイトスピーチは、当面の標的とする在日韓国・朝鮮人だけではなく、女性を敵視し、ウチナーンチュ、被差別部落の出身者、婚外子、社会が障害となっている人たち(いわゆる「障がい者」)、性的少数者などの、社会的少数者にも攻撃を加えてきた。 彼らが攻撃する人々は、日本の戦後体制の中で、人格権や生存権を政策的に奪われたり無視されたりしてきた人々と、みごとに重なっている。この意味において、日本におけるヘイトスピーチは、戦後体制が政策的に作り出してきた差別そのものなのだ。


 本質に立ち返って考えたい。

 ヘイトスピーチが傷つけるものとは何なのか、ということを。

 それは、在日韓国・朝鮮人だけではない。社会的少数派だけでもない。

 ヘイトスピーチは、良心を持つあらゆる人々を傷つけるのだ。国籍も、民族も、性別も、出自も関係なく、すべての人間には普遍的な尊厳と人権があると考える人々の信念、そして、なによりも平和に生きようとする人々の精神に対して、言葉と物理的な暴力で憎悪を投げつけ、侮辱し、傷を負わせる。国際社会がこれまで長い苦しみの歴史の中で築いてきた、世界人権宣言にも謳われる普遍的な人権概念を攻撃し、その価値をあざ笑い、踏みにじる。

 これが、ヘイトスピーチの本質なのだ。


 だから、この暴力に対峙し、決然と対決することは、単なるマイノリティ集団の利益のための行動ではない。また、一国の国内問題を解決するためのものでもない。民族や国境の壁を超えて、人権の普遍的価値を擁護し、防衛する行動でもあるのだ。

 それは、この日本社会にあっては、戦後体制によって市民的権利を剥奪されてきた人々の「市民として生きる権利」を希求する行動以外の何ものでもない。


 ここであらためて確認し、明記しておく。
 人間の涙の歴史を無に帰そうとする挑戦に、私たちは、決して屈しない。
 


ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク

「のりこえねっと」共同代表 一同

at 20:12, 主義者Y, 人権

comments(14), trackbacks(0), -

スポンサーサイト

at 20:12, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment
日本人A, 2013/09/27 3:09 AM

通りすがりの右派です
「韓国人は出て行け」は差別ですが、「日本に害をなす韓国人は出て行け」は当然です(「日本に害をなす男」って言っても男女差別にならないですよね)。
で、右派の主張は大抵後者です。

このような団体を作る暇があれば、原発やTPPに反対して欲しいものです。

ちなみに特定永住者(俗にいう在日)のうち強制連行された人は数十人です。それ以外は全員密入国者とその子孫です。それらの人が生活保護とか払っていない年金とか貰えるのっておかしいと思いませんか?

kuroneko, 2013/09/28 7:50 AM

 常連の左派もどきです。

>ちなみに特定永住者(俗にいう在日)のうち強制連行された人は数十人です。それ以外は全員密入国者とその子孫です。

 通りすがりだからもういらっしゃらないでしょうが、ふと疑問。「在日」の人やその尊属に当たる人は、戦前・戦中には日本にはいなかったのか、そこのところがわからない。
 日本の敗戦後、朝鮮が「独立」するまでは、朝鮮も「合併」したのだから同じ国だったのでしょ。同じ国の中で密入国するってできない相談じゃないかなあ。それとも「内鮮一体」とかいっても、実は「別の国」を侵略支配していたってこと?

主義者Y, 2013/09/28 1:02 PM

>kuronekoさん また挑発的なことを(笑)

リンク先を見るとそれなりのブログを書いている方のようで、まったくの通りすがり投石犯でもないようです。けど、同じところに私もツッコミたいと思いました。

何十万という単位で住んでいる特別永住者のうち「数十人」って、誰が数えたのでしょう?それ以外の数十万人が海を越えて密入国って・・・日本全国の海岸は無人地帯だったのですか?

生活保護すら認めないというのは、どんなに貧乏になっても救ってやらない、勝手に飢えて死ね!ということ?外国人ならそれでいいと?

外国籍住民に対して年金加入を認めなかったのは日本の法制度です。それを改めたときに経過措置としてカラ期間を定めました。同様なことは小笠原返還、沖縄返還、中国帰国者、拉致被害者の日本帰国時にも認められました。在日の人々だけはそこから排除しろと言うのでしょうか?

日本人A, 2013/09/28 11:39 PM

正しく表記します。
・数十人(すみません正しくは245人でした)が徴用されました(これを強制連行と言う人もいますが、当時日本国民だった朝鮮人を含め元々の日本国民も同様に徴用されています。批判するのであれば徴用自体を批判すべきです)。
・残りの人は全て自由意志(これが抜けていました、すみません)と密入国です。
詳細は、リンク先をどうぞ

なお、生活保護に関しては日本国民の税金で外国人を救援するのはおかしいです。極端な言い方をすれば死んでも知った事じゃありません。それに責任があるのは日本でなく外国政府です。年金加入を認めてしまった事がそもそも間違いでしょう。

そもそも在日は犯罪率が日本人の6倍です。
竹島の侵略、ありもしない慰安婦捏造。これで生活保護費くれって言っても、知ったことか!!ってなりますよ。

kuroneko, 2013/09/29 11:32 AM

日本人Aさま

批判するのであれば徴用自体を批判すべきです。

徴用自体を批判すべきはもっともなご指摘ですが、いわゆる「在日」の問題を論じるときには、朝鮮半島出身市民に限定して議論するのは自然なことではないでしょうか。

>生活保護に関しては日本国民の税金で外国人を救援するのはおかしいです。

戦後、戦災孤児救援などの活動をしたゼノ神父って人がいまして、ポーランド生まれだから日本人ではないけど、老齢で日本で亡くなった。このゼノさんが日本の年金に加入したいというのなら、加入できれ時期が来れば年金支給するのって、ごく普通なことだと私は思うけどね。


>年金加入を認めてしまった事がそもそも間違いでしょう。

 わたしは戦後、日本居住の朝鮮半島出身者の日本国籍を局長通達ではく奪したことがそもそも間違いだと思いますけどね。日本国籍から離脱したい人が離脱すようにしていれば、日本国籍が嫌な人は離日するなり、出身国政府に交渉するなりしたのではないかしらん。

kuroneko, 2013/09/29 10:28 PM

>ありもしない慰安婦捏造

慰安婦問題では軍とか公的機関の関与がない、という主張の人はいるけど、慰安婦問題そのものが捏造というのはごく少数派ではないかしら。安倍首相等の立場も間違いだというわけだよね。(後で「公的に強制された」が抜けてたなんて訂正しないでね)

日本人A, 2013/09/29 11:57 PM

ゼノ神父は多大な功績があるので、年金などでなく別の形で、国が生活を保障すべきですね。
日本国籍人であれば、年金加入は「御選択下さい」。しかしそうでなければ、加入はおかしいです。ただし先述した通り年金税など払って頂くのは失礼な話、国賓とすべきでしょう。

慰安婦捏造は、勿論「強制慰安婦捏造」という意味です。
強制でないものは、「売春婦」と私は呼びますので。
(言葉の定義が間違ってたらごめんなさい)
根拠としては、陸軍大将より高い給料で売春婦を募集しておいて、なんで強制連行する必要があるのかと。
同じソープで年収5000万に応募した人と強制的にさせられているようなもの。

続きます

日本人A, 2013/09/30 12:11 AM

国籍剥奪も誤りですが、年金加入も誤り、そもそもを言えば朝鮮合併が(日本にとって)誤り。そもそも論を言うのであれば、ここまで遡るべきでしょう。

「朝鮮半島出身市民に限定して議論する」と「国籍剥奪がおかしい」は矛盾しています。
前者は在日を日本国籍人として扱っていません。後者は日本国籍人として扱っています。

それから私は(というより殆どの右派は)、別に外国人排他主義でも朝鮮人排他主義でもありません。
敵対的な外国人でなければ、welcomeです。

左派の人のわからないところ。原発反対は日本の庶民のために言っているのだと思う。しかし、外国人参政権とか人権擁護法案とか従軍慰安婦問題とか南京問題で、なぜことごとく日本庶民の敵サイドにつくのだろうか?
まーそれを言えば、ステレオタイプの右派が日本庶民の敵である原発に賛成するのも本当におかしな話だけど。

kuroneko, 2013/09/30 12:39 AM

>「朝鮮半島出身市民に限定して議論する」と「国籍剥奪がおかしい」は矛盾しています。
前者は在日を日本国籍人として扱っていません。後者は日本国籍人として扱っています。

 わたしが
>「在日」の問題を論じるときには、朝鮮半島出身市民に限定して議論するのは自然なことではないでしょうか。

 と書いたのは、一般的な「在日」問題を議論する時には、朝鮮半島出身市民に限定するのは、言葉の日常的な使われ方からも自然という意味です。

 徴用自体を問題にすべきという点では同意しております。

 歌舞伎を見ても分かるように、日本文化は売春婦賛美文化ですから、(花魁道中とか好きだし)売春婦といってもいいでしょうが、それはともかく…。
陸軍大将より高い給料で慰安婦募集したのなら、当時の吉原の稲本、角海老、品川楼などの売れっ妓でも、競って慰安婦に応募したでしょうねえ。

主義者Y, 2013/09/30 1:54 AM

あらら、またまたkuronekoさんが先に。

では私は「245人」について書きますが、ご紹介のリンク先サイト自体が疑義を呈しています。
http://wiki.livedoor.jp/gurugurian/d/245%bf%cd
この外務省資料で言われているのは、「国民徴用令」に基づく連行で1959年当時外国人登録をしていたのが「245人」ということです。しかし上記リンク先記事では、その「245人」という数字がどのような調査や資料によるものなのか明らかにされていないとも述べています。さらに重要なのは「国民徴用令」以外の「官斡旋」や「募集」をつうじた事実上の強制連行が勘定に入ってないことです。じっさいはどこからが「強制」だったのか区分けするのは難しい。だから私は最初のコメントから「誰が数えたのでしょう?」という皮肉な疑問を述べたのです。

紹介していただいたリンク先はたいへん参考になるので感謝したいのですが、日本人Aさん自身の見解をくつがえすようなサイトを何故わざわざ引用されたのかが不思議です。くだんの外務省資料(を報じた朝日新聞記事)を示せれば、あとはどうでもいいやとでも考えられたのでしょうか?それとも検索でたまたま引っかかった先を引用しただけで、ほかの事項を参照する余裕もなかったのでしょうか?

本題に戻します。

最初は「(数十人以外は)全員密入国者とその子孫」と言っておきながら、さらりと「自由意志」が抜けていたと訂正されています。「すみません」というのは私にではなくて、あなたが密入国者と決め付けて侮辱した数十万の人々に対してこそして欲しいですね。言葉によってどれだけ人が傷つくものなのか、少しでも考えたことがありますか?犯罪者呼ばわりをした言葉を、いとも軽々しく補充して言い換える神経を疑います。

さらに「自由意志」で渡航してきたことを言い募ることで、日本に住むことの自己責任を言いたいように見受けられます。kuronekoさんが書かれたように、日本に居住する旧植民地出身者は一片の局長通達(役人の決定)で日本国籍を剥奪されました。彼らは「自由意志」で国籍を選ぶどころか、無国籍にされました(当面の呼称は地域としての『朝鮮』籍)。当時は韓国とも国交はないので、彼らは国籍を選んでその国籍国からの保護を受けることもできません。日本法の保護も受けられません。そういう状態にいきなり叩き落されてしまうことの是非はどうなのでしょう?

>生活保護に関しては日本国民の税金で外国人を救援するのはおかしいです

まるで外国人は税金を払っていないかのような口吻です。住民税は?所得税は?消費税は?外国人は免税されているんですか?

あなたは外国人納税者に対しても、無意識のうちに侮辱しています。


・・・と書いてるうちに、あらら三つもコメントが入って。

アッテンボロー, 2013/09/30 3:54 AM

祖父が新潟の貧農出身者で、家族揃って朝鮮半島に入植したんですが、最初から農地も屋敷も用意されていました。つまり朝鮮の農民から取り上げた物を宛がわれたのです。

失業した朝鮮人は職を求めて日本に流入しました。

この辺の話しは敗戦当時17だった父や叔父叔母から聞いた話です。

日本人A, 2013/09/30 8:23 PM

アッテンボローさんの御意見は事実と想像を合成していませんか?
・最初から農地や土地があるじゃ事実
・朝鮮人が日本に流れたのも事実
「つまり朝鮮の農民から取り上げた物を宛がわれたのです。」は想像

日本軍に朝鮮人の将官がいるのは差別していなかった一つの要素と考えます。


生活保護と税金に関しては、生活保護率:納税している税金の比が日本人のそれとは異なるでしょう。

国籍剥奪は間違いですが、それ以前の併合が間違いなので、そもそも論の繰り返しになります。

それから揚げ足をとるような揶揄はやめて下さい。こちらの発言に不備があるのは認めますが、「○○と言いたいのだろうが××のように誤解される。これではそうでない朝鮮人の皆様に失礼だ」のように書いて頂ければ「該当しない朝鮮人の皆様にすみません」と言えるのですが。まさにやっている事は、この記事で紹介されている団体と一緒ですね。

総じて言えるのは最初から敵扱いなので、議論というより、私を攻撃する事が主になっていると判断します。
まー宗教だのイデオロギーだのは、そんなもんかもしれませんが。
原発推進派とわかりあえないように、やはりこの問題ではわかりあえないようですね。よくわかりました。
ではさようなら、お付き合い頂きありがとう

kuroneko, 2013/10/03 10:52 PM

日本人入植者に最初から農地や家があったということは、
1荒蕪地を開拓して家も建てて入植者を迎える準備を朝鮮総督府がしていた。
2その所有者に補償金を払って総督府が買い上げて、日本人入植者に引き渡した。
という二つの可能性が、わたしには考えられます。他の可能性を想定できる人は付け加えてください。
1は、そうした準備は、時間的に無理ではないかと思う。

2は、資料が残っていれば検証できるでしょうが、朝鮮のインフラにいろいろ投資したって話は聞くけど、農民や地主に所得補償したって話は聞かないけど、知らないには私だけかな。

わたしは、敵扱いなんてしないで、素朴に疑問を述べただけですけどね。










trackback
url:http://ichyamada.jugem.cc/trackback/1192