<< オスプレイが落ちた | main | 意図的に1万人の抗議行動を黙殺する報道 >>

「洗脳」って言うな

地下鉄サリン事件の容疑者が続けて逮捕されている。気になってしょうがないのは、彼女・彼らがいまだにオウムの教義に「洗脳」されているのではないかという、メディアの言い方。

思想や宗教を人生の指針にもたない人間が圧倒的にマジョリティの日本社会では、じつにお手軽に使われる言葉だ。「洗脳」されるのは、自分以外の特殊に愚かな人間だ、という思い上がった嫌味が感じられてならない。

「アラーの神が」云々と、イスラーム急進主義の自爆攻撃を批判する向きも同じ。
自分が批判しようとする相手が信奉するものを、少しでも理解してみようという気がない。
そういう相手に対しては、戦争で殺してもかまわない、人権を守る必要はない、と思うのだろう。


(おまけ)
高橋容疑者が住居に残していった本を見て、どこかの教授が「やはり自分が信仰していたオウムと関連した精神世界関連の本を読みつづけるのは自然なことなんでしょう」趣旨のことをコメントしていた。ふつう、逃げるときは大切なものは抱えていき、どうでもいいものは残すという人間行動の簡単な想像もできないのかね?「知識人」って、とんでもないところで常人以下のアホに・・・

at 08:48, 主義者Y, 時事

comments(0), trackbacks(0), -

スポンサーサイト

at 08:48, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment









trackback
url:http://ichyamada.jugem.cc/trackback/1084