<< 日本じゅうの全原発が止まった第一日 | main | 普天間基地へのオスプレイ配備 >>

どこに「復帰」したのか?

このごろ疲れて帰って、すぐ寝てしまうパターンが多いのだけど、ひと言。

原発をやめることは、未来の世代に対する責任。
これを「タテ」方向の責任、あるいは時間的な責任とすると、

沖縄から基地をなくすことは、犠牲を強いる多数者の側であることの責任。
これは「ヨコ」方向の責任、あるいは空間的な責任。

どちらも沈黙したり、何もしないでいることは無責任の謗りを免れない。
どちらも日本に住んでいる人間(大人)としては、何人たりと例外なく責任を免れない。

そう考えています。
だから以上の2点に関しては、誰に対してもムキになります。



1972年5月15日沖縄「復帰」 から40年目の日

at 21:38, 主義者Y, その他

comments(0), trackbacks(0), -

スポンサーサイト

at 21:38, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment









trackback
url:http://ichyamada.jugem.cc/trackback/1080