2010/10/09 京都市の空き缶回収禁止条例反対デモ!

劉暁波のこととか沖縄基地反対デモの案内とか書こうと思っていたら、たまたまレイバーネットでこんなデモ案内を見た。野宿者にとって空き缶回収は貴重な現金収入源になっているということは、まだまだ世間の常識にはなっていないのか?
結果的に生活の糧を奪われる人がでてくるというのに、そんなことは知ったことではないと言うのだろうか。

缶を持ち去る音がうるさいというのなら、滑走路の下で爆音に苦しめられる人のために声をあげてほしい。
尖閣諸島の領有問題で中国に対していきり立つのならば、劉暁波の釈放を求める声もあげてほしい。

ちょっと瞬発的にイラっと、きたのでした。

京都市の空き缶回収禁止条例反対デモ!
---誰もが生きやすい社会に!---

9月28日、空き缶の回収を禁止する条例の採決が延期されました。しかしこれは、
条例案への批判が高まるなか、賛成する与党会派が拙速な態度の表明を避けたに
すぎません。このまま条例案に対する関心が弱まれば、10月21日の「くらし環境
委員会」で可決の結論が出されてしまいます。そこで私たちは、野宿者の生活を
脅かす空き缶回収禁止に反対するデモを行うことにしました。

【デモの日程】
10月9日(土)
13:00 京都市役所前集合
13:30 出発(南下し四条河原町を右折、四条烏丸周辺解散)
14:30 デモ解散、その後、四条河原町で情宣活動
15:30 情宣活動終了

【主催】空き缶回収禁止条例反対デモ実行委員会

京都市は、京都市会9月定例会に家庭から出された空き缶などのゴミを持ち去る
ことを禁止する条例改正案を提出しました。理由は「缶を持ち去る音がうるさい」
という苦情が来ていることと、市民のリサイクル意識を向上させるためというこ
とです。

しかしそれは、野宿者の貴重な収入源になっている空き缶回収を禁止するほどの
理由にはならないと考えます。ほとんどの野宿者の方々は、音や残るゴミに気を
使ってアルミ缶回収をしているのです。

確かに行政は、乱雑な持ち去りを行う悪質な業者に対し、何らかの対策をする必
要があると考えているのかもしれません。しかし今回の条例改正案のように、一
律に全ての回収を禁止してしまうことは非常に暴力的であり、人命を脅かすもの
です。

現在、貧困問題への社会的な関心が高まり行政の施策が広まりつつある一方、空
き缶回収禁止の動きも全国で広がりつつあります。私たちは、行政に対して十分
な野宿者対策、貧困対策を求めると同時に、行政に頼らずに、頼れずに生きてい
る野宿者の生活が脅かされることのない状態も求めます。それが今回、空き缶回
収禁止条例に反対するデモを行う理由です。

全国で広がっている回収禁止の動きを、ぜひ京都で止めましょう!

**************************
反貧困ネットワーク京都
運営会員 関根隆晃
bjj3183@mail2.doshisha.ac.jp

at 12:31, 主義者Y, 野宿者差別

comments(1), trackbacks(1), -

消えた高齢者?

 ついに186歳!勝海舟の1歳下「戸籍上生存

どこの誰だかわからない死体は「無縁仏」とも呼びならわされる。
そういう人は戸籍上いつまでも生きつづける。「110歳以上で住所不明の老人は死亡とみなす」というような法律でもつくらないかぎり。

そういう「生存者」が多数いるということがセンセーショナルなのか?
家族と縁を切って名を明かさぬまま公園の片隅で死んでいく人間は?
戦火に追われて大陸のどこかで全滅した家族は?
核爆発で蒸発してしまった人々は、皆だれかに死亡届を出してもらえたろうか?

ちょっと考えればそういうことに気がつきそうなものだが、ちがうのだろうか。
ことさらに「勝海舟より歳下」だとか「西郷隆盛より○○」だとか囃し立てる報道ぶりに非常な違和感を覚える。

人知れず死んでいく人間には無関心でした、と言っているようなものではないか。

at 13:28, 主義者Y, 野宿者差別

comments(0), trackbacks(0), -

大阪市は住民登録の職権消除をやめろ

情勢が緊迫しています。
大阪市役所前には、3月2日(明日!)に予定している住民登録の大量職権消除に反対する人々が26日からずっと抗議の声を挙げています。雨のなかも野営して、市の回答を要求しています。
そこへ、住民票職権消除の差し止め訴訟について、執行停止の決定が下されたとの連絡がありました。市はこの高裁の決定をうけて対応を決めなければなりません。

住民登録削除を差し止め 労働者の仮処分申請認める

大阪市に「住民登録を消除するな!」の声を!

◇大阪市長 關 淳一(市長室秘書部秘書課宛)
TEL: 06-6208-7231 FAX:06-6202-6950
●意見送信フォーム
http://www.city.osaka.jp/shichoshitsu/iken/index.html

◇大阪市市民局 市民部 広聴相談課
TEL:06-6208-7333 FAX:06-6206-9999
●意見送信フォーム
http://www.city.osaka.jp/shimin/opinion/01/index.html

たたかう人々に応援のメッセージを!

◇釜ヶ崎解放会館
TEL 06-6631-7460 FAX 06−6631−7490

◇失業と野宿を考える実行委員会
TEL・FAX 06‐6647‐8278
iryouren@air.ocn.jp

カンパ振込先
郵便振替口座00940−5−79726
加入者名 釜ヶ崎医療連絡会議(野営行動カンパなどと明記下さい)

雨の中たちすくみ-市役所前で回答を待ち3日め(旗旗)

27日の大阪市長記者会見
■市長
居住の実態のない所に住民票をおくということは、法律上不可能なことなので、できないことはできないと言わざるをえません。居住地がなかったら住民登録はできないわけですから、まずは、居住地を決めてもらう必要があります。
「家賃を払ってアパートに住め!そうしなければ住民としては認めない」ということなのでしょうか。住民票を消除したあとに、それによって打撃を受ける人々に対して何をどうするといったことは何も述べていません。「居住地」をもてない人々のことは眼中にありません。
法律さえ守れれば人が死のうと知ったこっちゃないと、関市長は事実上宣言しているのです。これが自治体の首長なのですか?!自分が何を言ってるのかわかっているのですか?

以下は「釜パト活動日誌」からの転載。ただし、明らかな誤字は訂正しておきました。

続きを読む >>

at 22:33, 主義者Y, 野宿者差別

comments(4), trackbacks(0), -

大阪市で2700人の選挙権剥奪

「大阪市で2700人の選挙権剥奪」・・・わざとこういうタイトルをつけました。
これを見て「何だって!」と、驚かれるでしょうか?正確に言うと、日雇労働者組合の建物に置かれた2700人分の住民登録を、大阪市が3月2日をもって抹消する通告をしたということです。

大阪あいりん地区大量住民登録 市、2700人に抹消予告書(読売新聞地方版)
公的機関“黙認”の果て 「住所不定ダメ」現行制度に問題(読売新聞地方版)

「なんだ、架空の住所登録を抹消するだけか。ならいいじゃないか」と思われるでしょうか?「普通に」家に暮らしている人ならば「選挙権」という言葉には敏感に反応しても、住民票を抹消されることにはピンとこないかもしれませんね。人間は、自分と同程度の似た生活をおくっている他人には想像力を働かせることはできますが、あまりにも懸隔のありすぎる境遇の人に対してはたちまち想像の扉を閉ざしてしまいます。「住所不定の連中か・・それならしょうがない」と。まるでそれらの人々が、人間ではないかのように。

じっさいはタイトルに書いた選挙権にとどまらず、住民登録を失うということは、生活の根本を破壊されることを意味します。
日雇労働者にとってはまず、失業の手当てが受けられなくなります。住民登録がなければ健康保険証も作れません。生活保護ですら「住民ではない」ことを理由に受けられなくなります。つまり行政サービスの一切から排斥されることになります。高齢者なら年金を受け取る口座も開設できなくなる。
経済的弱者であるほど、社会保障への依存の度合いは大きくなります。それなのに、家にすら住めない最も貧困な層の人々を、この措置はバッサリ切り捨てるものなのです。
また住民登録がないということは、職にありつくにもアパ−トに入居するにも圧倒的に不利になります。住所のない人は「信用」されませんから。「普通に」家のある生活に這い上がろうにも、そのスタートラインにすら立つことはできません。

それを大阪市は進めようとしています。「住民基本台帳法」を盾にとって。

いっぽうで「住所の定まらない人は住民登録しない」という姿勢ですから、簡易宿泊所や公園に寝泊りしている人は、別の場所にでも架空登録でもしないかぎり永遠に住民登録はできなくなります。
これは棄民です。大阪市行政は、住所不定者の面倒はいっさい見ないという。この措置によって千人単位の半難民を生み出すことになります。
先日も大阪市は長居公園からの野宿者排除を決行しましたが、これはさらに規模の点で言えば多大な社会的結果を引き起こします。例えばフランスでこんなことがあったなら、暴動が起きても不思議ではないでしょう。

私なんかより「旗旗」の草加さんのほうが、怒涛の怒りを込めてエントリーを書いています。以下はそこで提起されている抗議行動の予定です。

また「壊れる前に・・」のうにさんは、架空の通り名をつくって住民登録を認めるイタリアの事例を紹介されています。ホームレス対策をめぐる彼我の差についてこれほど違うものなのか、と考えさせられるものです。ぜひご覧ください。

(追記)「言ノ葉工房」さんではスコットランドの事例が・・なんと「2012年までにすべてのホームレスに尊厳ある住居を提供するという計画」があると!現在では2/3ほどが達成できているそうです。


↓この記事に「異議なし!」と思ったらクリックしてください
続きを読む >>

at 16:33, 主義者Y, 野宿者差別

comments(3), trackbacks(11), -