ベトナムから撤退すべきでなかった? ブッシュ発言

彼の無知蒙昧ぶりは今にはじまったことではないが、あまりに呆れ果てた内容にメモ。
もはや末期的症状ではなかろうか。

<米大統領>イラク米軍撤退論をけん制 ベトナム戦争比較し

ブッシュ大統領は9月中旬のイラク情勢評価報告の発表を前に、2度の演説を計画。退役軍人らを前にしたこの日の演説では、米国のアジアでの戦争体験に触れ、日本との太平洋戦争や共産主義との朝鮮戦争などでの米国の「忍耐」が現在の発展するアジアを導いたと指摘し、米軍駐留が長期化するイラク政策への支持を求めた。
 この中でブッシュ大統領は、「ベトナムの教訓の一つは、米撤退の代価は何百万人もの無実の人々が負うということだ。彼らの苦悩は『ボート・ピープル(難民)』や『再教育キャンプ』という新たな用語をもたらした」と強調。米軍のイラクからの時期尚早な撤退は内戦泥沼化だけでなく、国際テロ組織アルカイダの拠点化をもたらすとの論陣を張った。
 これに対し、民主党の有力議員らはブッシュ大統領がベトナム戦争の教訓を履き違えている、と強く反発。同戦争に従軍したジョン・ケリー上院議員は声明で大統領発言を「無責任で無知」だと非難し、「彼は(戦争の泥沼化という)悲劇的な類似性を見落としている。ベトナムの教訓に注意を払うなら、今すぐにイラク政策を転換すべきだ」と反論した。
 イラク政策への支持が先細りする中、ブッシュ大統領はベトナムの「悪夢」の教訓に踏み込むことで、自らの立場を逆に一層困難にしかねない危険を冒したようだ。


ブッシュ大統領発言、ベトナム外務省が不快感

ハノイからの報道によると、ベトナム外務省報道官は23日、ブッシュ米大統領が「ベトナム戦争の米軍撤退はボートピープルや再教育キャンプという言葉を生んだ」とし、イラクへの関与継続を訴えたことに対し、「(戦争は)民衆にとって正義の戦いだった」と述べ、不快感を表明した。

 ベトナム戦争では、南北ベトナム軍将兵や民間人合わせて約300万人が死亡したとされる。報道官は、「民衆は独立と自由と、国家統一のために立ち上がった。戦争の傷跡は今も残っている」と語った。


アメリカ国内でも激しく反発を買っているが、なによりベトナム人の怒りは如何ばかりだろうか。100万という単位で殺された人間のことはブッシュの眼中にはないようだ。


at 19:02, 主義者Y, アメリカ

comments(0), trackbacks(1), -

ブッシュを勝たせてゴメンね

アメリカからのメッセージ
なんとなく、いいです。このサイト。
数字をクリックすると4〜5枚ずつ写真が見られます。

みんな負けるな!負けるなよ

at 00:43, 主義者Y, アメリカ

comments(0), trackbacks(1), -

<米国人男性自殺>グラウンド・ゼロで ブッシュ再選抗議か

詳細なことはわからないし、続報もないかもしれない。
ファルージャ他のニュースに埋もれて、あっという間に忘れられてしまうのだろうか。せめてメッセージを残してくれれば。

ファルージャ・・・ベトナム戦争以来の、本格的な市街戦に突入する可能性があります。

バグダッド市民からの緊急メール

at 20:29, 主義者Y, アメリカ

comments(2), trackbacks(1), -

アメリカの民主主義って一体?

世界の明日が決する日―米(アメリカ)大統領選後の世界はどうなるのか
世界の明日が決する日―米(アメリカ)大統領選後の世界はどうなるのか
カレル・ヴァン ウォルフレン, Karel van Wolferen, 川上 純子

大統領選を機会に読んでみた。アメリカの政治的意思の決定プロセスについて詳しくはないので、ときどき勉強しようとはしている。たぶん(元or現役)左翼なんてものは、アメリカ帝国主義を敵として長らく糾弾してきたが、同国内の諸階層・階級の政治意識の分析はけっこうおろそかにしてきたのではないだろうか(自分だけかも・・・汗)。
他の資本主義先進国と違い、アメリカで社会主義運動の勢力が見る影もなく小さいのはなぜなのか、という疑問は昔からもってはいた。ただ、その疑問を深化させず、探究の過程で得られるはずのアメリカ社会への知見を深める作業をしてこなかっただけの話なのだ。
いまもって深い認識を構築できたわけではないが(笑)、ウォルフレンの本をとおして私が気づいたことは、非常に荒っぽく言えば以下の二つ。

続きを読む >>

at 10:29, 主義者Y, アメリカ

comments(0), trackbacks(0), -

1998年8月

アメリカはスーダンの製薬工場を爆撃しました。毒ガス生産に関わっているという理由でです。その後の調査でもその証拠は挙がっていません。その製薬工場はスーダンの人々が必要とする薬の半分を生産していました。それが破壊され、治療を必要とする多くのスーダン国民が死にました。
もちろんアメリカは謝罪も補償もしません。工場ひとつを破壊することが「貧乏国」にどんな破滅的効果を及ぼすかということには無関心なのです。
私たち日本人は、アフリカや中南米でアメリカ合衆国がどんな振る舞いをしてきたかということをよく知りません。
「友人」であろうとするために、意識的に無知になろうとしているか、見て見ぬふりをするばかりです。
今度のイラク攻撃も信頼して、精密爆撃が軍人だけを選り分けて攻撃することを期待するのでしょうか?91年の戦争はそうだったのですか?アフガン戦争でどれだけの人間が殺されたか関心はあるのでしょうか?調査するつもりもないのでは?劣化ウラン弾は?放射能障害で死んでいく人々を無視するのはなぜ?
91年の攻撃が終了した直後に起こったシーア派住民の反乱やクルド人の蜂起を支援しなかったのはなぜ?フセイン政権が倒れてイラクが分裂するのを望まなかったからでしょう?今度はどんな都合のいい後がまの政権を考えているのでしょう。

日本政府は何も言わずに支持をするだけ。国民に対しては結論を押し付けるだけで、何も説明はない。1441決議が武力行使容認だというなら、この間の安保理のせっぱつまった議論は何だったの?「雰囲気」で決めると言っておきながら、「前から」アメリカを支持していたなどとは、あまりに人を愚弄してはいないか?!

ふざけるな!!!!!

at 19:19, 主義者Y, アメリカ

comments(0), trackbacks(0), -