ハンセン病療養所の「胎児標本」

胎児らの「標本」早急処分に反対 ハンセン病市民学会(西日本新聞)

ハンセン病療養所の「胎児標本」の取扱いに関する要望書(ハンセン病市民学会)




 「今年度中に」 殺すな  

 二度 殺すな

 母を 殺すな




ハンセン病市民学会


at 19:51, 主義者Y, ハンセン病

comments(0), trackbacks(2), -

ハンセン病者を隔離したのは誰か

ハンセン病 検証会議が最終報告 隔離政策の真相解明(3月2日毎日新聞)

隔離政策に対する国の責任を認めた熊本地裁判決が出たのは2001年5月11日。そのとき私はハンセン病について特段の知識も関心もなかった。
国の控訴断念を求めて首相官邸前で抗議行動する人々(5月21日)を、たまたまテレビのニュースで見た。訴える人々の必死の表情を見た。
わずかな間の映像に過ぎなかったが、心に刺さるものがあった。「抗議行動」なんて自分にとっては珍しい光景ではなかったが、そこに集っていた人々の表情は必死だった。
わけがわからないけど、ほっておいてはいけない気がした。
続きを読む >>

at 18:12, 主義者Y, ハンセン病

comments(3), trackbacks(0), -