在日のチェチェン難民の遺体送り届けカンパに協力を

この地球上に悲惨な現実は夥しく在る。ただ一人の遺体を家族のもとに送り届けることに、どれだけの意味を持ちうるのか疑問を持たれるかもしれない。こんな過疎ブログを見て、見ず知らずの人間のために実際にカンパする人は、まずいないだろうとは思う。

それでも転載し、呼びかける。
彼が日本に来た理由、家族のもとに生きて帰れなかった理由を考える人が、ひとりでも増えれば。
私も含めて。
忘れ去られていく、気づかれることすらなく過ぎ去る悲惨はやはり、あってはならない。

[援助]在日のチェチェン難民の遺体送り届けカンパにご協力をお願いします。
(バイナフ自由通信)
 2008年3月21日、チェチェン難民の男の子が亡くなりました。彼の名前はラマザン・ハトゥーエフ(28歳)。

 彼がロシアのブリヤート共和国から日本にやって来たのは、2005年の11月のことでした。それから約2年後、彼は病気に侵され、日本で難民認定を得ることもなく、ロシアにいる家族と再会することもなく、死んでいきました。

 今、私に残された彼の遺品は、煙草と、ライターと、吸殻の入った携帯用の灰皿です。「(タバコを)6ミリから3ミリにした」と病室で笑っていたのが、いつのことだったかは思い出せません。「家族が心配するからロシアに電話はしない」と、強がっていたことも。

 本当に死ぬまでバカな奴だったと思います。でも、彼だって、死ぬために、日本に来たわけではありません。

 ロシア政府は、最期の瞬間まで、彼を家族と引き離し続けました。医師は、彼の病気が何だったのかを、最後まで突き止めることができませんでした。

 私たちは、彼が難民であるということを、結局日本政府に認めさせることができませんでした。あるいは、日本で生きていくための強い意志を彼に与えることも。

 私は、日本人の彼女がいても少しもうまくならなかった彼の日本語に、病気の語彙ばかりが増えていくのを、ただ見ていることしかできませんでした。最初に肝臓が、次に腎臓が、そして肺が、心臓が、壊されていくのを、彼の体につながる管の数が増えていくのを、ずっと見ていることしかできませんでした。

 彼が亡くなる前日、私たちは声を出せなくなった彼と話をすることができました。瞬きさえ思い通りにならなくなっても、人間は瞳を動かせることを、そして涙を流せることを、初めて知りました。YESのときに瞳を左右に動かすよう伝えると、彼は応えてくれました。

 けれど、私は本当に訊きたかったことを彼に訊くことはできませんでした。ラマザンは日本に来てしまったことを後悔してる?

 今、私たちは、彼の遺体をロシアにいる家族のもとに届けたいと考えています。彼が亡くなってからお金を集めようとするなんて、自分でも何をしているのだろうと思ってしまいます。でも、彼を遺族に届け、チェチェンに葬るためには、緊急にお金が必要で、それは私たちだけの力では無理なんです。

 だから、どうかお願いをさせてください。3月31日(月)までに、あと32万円集まれば、私たちは彼を必ず家族に届けます。せめて、彼と家族の最後の願いを叶えるために、あなたの手を貸していただけないでしょうか。どうかお願いいたします。

 送金された方はメールアドレスを教えていただければ幸いです。後日、会計報告をお知らせいたします。

 2008年3月26日 チェチェン連絡会議 植田那美

郵便振替口座名称:チェチェン連絡会議 00180-6-261048

(通信欄に「ラマザン」とご記入ください)

銀行口座:三井住友銀行 溝ノ口支店 (普) 2835929 チェチェンニュース編集室

問合せ先:メールアドレス kanti_4(at)hotmail.com

 [追記]彼の遺体をモスクワに送るために必要な総額は約120万円で、そのうち空輸棺を送る費用52万円だけはフライトまでに前払いしなければなりません(26日現在20万円の寄付が集まっているので残りは32万円です)。皆様からのご寄付は、3月31日(月)以降も継続して受けつけておりますので、どうかご協力をお願いいたします。




JUGEMテーマ:日記・一般


at 00:03, 主義者Y, チェチェン

comments(0), trackbacks(1), -

緊急追悼集会「アンナ・ポリトコフスカヤの暗殺とロシア・チェチェン戦争」

<<転送・転載歓迎>>

10月7日、チェチェン戦争を追っていたジャーナリストのアンナ・ポリトコフスカヤ女史が、モスクワで何者かに暗殺されました。彼女は99年以来、毎月のようにチェチェンに通い、軍事侵攻によって虐げられた人々についての地道な報道をかさねており、その報道は、プーチン政権への厳しい批判となっていました。日本でも「チェチェン やめられない戦争」などの訳書によって知られている彼女を悼む声は、強くなるばかりです。

ジャーナリズムや平和、人権の運動でチェチェンに関わってきた私たちは、彼女の突然の死を悼み、この暗殺に抗議するための緊急追悼集会を企画しました。同じ試みが、世界各地で同時発生的に生まれています。この事件によって、世界中の平和を求める人々と、社会の問題を告発しようとするジャーナリズムは、大きな挑戦を受けているのではないでしょうか。

集会では、長年チェチェンを現地取材し、ポリトコフスカヤ女史にも取材している林克明さんと、ソビエト連邦崩壊後のジャーナリズムに対する弾圧をウォッチしてきた稲垣收さんの報告を伺います。また、当日は女史への追悼文を発表するとともに、遺族にあてたお見舞金を受け付けます。献花も可能です。会場では、さきにあげたポリトコフスカヤの著作を販売いたします。

ぜひ、ご参加くださいますよう、お願いいたします。

そして、この案内をご覧になった方々にお願いがあります。今回は緊急集会ということもあり、明日12日までの短期間に、インターネットを通じてしか告知できません。この暗殺事件がつきつけているものは、地域の垣根を越えて大きなものだと思います。どうか、ひとりでも多くのご友人に、この案内を転送してください。よろしくお願いします。(主催者一同)

【概要】

集会名: 緊急追悼集会「アンナ・ポリトコフスカヤの暗殺とロシア・チェチェン戦争」
日時 : 10月12日(木)19時00分〜21時00分(開場18時30分)
会場 : 文京区民センター 2A (210名収容可)
地図 :http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_academy_shisetsu_
gakusyubunka_kumincenter.html
交通 : 交通:地下鉄丸ノ内線・南北線「後楽園」駅徒歩5分/地下鉄三田線「春日」駅A2出口真上・大江戸線春日徒歩1分

参加費: 300円 (可能な方はお見舞金への協力をお願いします)
共催 : チェチェン連絡会議 市民平和基金 チェチェンニュース編集室 チェチェンの子どもを支援する会 ハッサン・バイエフを呼ぶ会 社団法人アムネスティ・インターナショナル日本 日本ビジュアル・ジャーナリスト協会
後援 : DAYS JAPAN 週刊金曜日


連絡先:editor*chechennews.org (*を@に置き換えてください)

【内容】

報告: 
林克明(ノンフィクションライター)「ポリトコフスカヤという人・事件の経過報告」
稲垣收(フリージャーナリスト・翻訳家)「ポスト・ソビエト時代の報道弾圧の歴史」

司会:青山正(市民平和基金代表)

共催各団体からのメッセージ・アピール 追悼文または共同声明の読み上げ

以上

at 18:54, 主義者Y, チェチェン

comments(0), trackbacks(1), -

ポリトコフスカヤ暗殺

<ロシア>反プーチンの著名女性記者、自宅アパートで射殺
(10月8日:毎日新聞)


チェチェン総合情報

激しい怒りをもって殺人者たちを弾劾する。
ジャーナリストが暗殺される国に、正義を主張する資格はない。

ポリトコフスカヤを知らない人は彼女の仕事を見よ。
彼女の死が意味するものを受け止めよ。
勇気ある者の謀殺を断じて黙過してはならない。
ロシアで、チェチェンで、何が起こっているのかを注視することが
暗殺者たちへの最大の反撃だ。

チェチェン やめられない戦争
チェチェン やめられない戦争
アンナ・ポリトコフスカヤ, 三浦 みどり


↓この記事に「異議なし!」と思ったらクリックしてください

at 08:24, 主義者Y, チェチェン

comments(0), trackbacks(3), -

チェチェンを忘れるな

ひさびさにロシアの話題。「対テロ戦争」を行っているもうひとつの国。

イラク大使館員殺害で露大統領が特殊部隊にせん滅指令 (6月29日:読売新聞)
ロシアのプーチン大統領は28日、イラクで起きた武装組織による露大使館員殺害事件をめぐり、犯行グループを皆殺しにするよう露特殊部隊に指令した。大統領府報道部の発表としてタス通信が伝えた。
映画「ミュンヘン」を地で行くような・・・曲がりなりにも「独立国家」の領地に、勝手に人殺し部隊を送ることを宣言するとは!
犯行組織はチェチェン共和国からのロシア軍撤退を要求していたそうだ。そのことにプーチンが逆上したのか、あるいはチェチェン人と国際テロリズムを結びつけて宣伝するための計算されたパフォーマンスだろう。これは舞台をイラクにしたチェチェン紛争だ。

一国を代表する者が、逮捕や裁判を一気に飛び越えて「処刑」を宣言していいのだろうか?
相手が「テロリスト」ならば、何をやっても許されるのか?

イラク・ロシア外交官人質事件についてのチェチェン外務省声明(チェチェン総合情報)

チェチェンで何が起こっているのか
チェチェンで何が起こっているのか

そろそろアンナ・ポリトコフスカヤの本も読んでみたい。



at 21:07, 主義者Y, チェチェン

comments(0), trackbacks(0), -

マスハードフの遺体、無名の墓に

マスハードフの遺体、墓碑銘の無い墓に埋葬

ブログ「Watching」さんで知った。オリジナルは「プラウダ」のニュース。
ロシアに停戦を呼びかけていたチェチェン元大統領は「テロリスト」として殺害され、遺族の遺体返還要求にかかわらず、墓碑銘のない墓に葬られた。

その死を悼むことすら許されないのだ。
この行為が、どれだけチェチェンの人々の神経を逆撫ですることになるのか、ロシア当局はわかっているのだろうか。


チェチェン独立派大統領マスハドフ暗殺(3月9日エントリー)



人気blogランキングへ

at 14:31, 主義者Y, チェチェン

comments(0), trackbacks(0), -

チェチェン独立派大統領マスハドフ暗殺

サイドバーに書籍は紹介していたものの、チェチェン関係をエントリーとして書くのは初めてです。
3月8日、チェチェン独立派大統領アスラン・マスハドフがロシア連邦保安局(FSB)の掃討作戦により殺害されました。
チェチェン総合情報)(産経新聞3月9日)(読売新聞3月9日)(毎日新聞3月9日

マスハドフは2月にチェチェン側からの一方的停戦をおこない、数日前にはプーチンとの会談の用意があると述べていたようです。
マスハドフはアフガンに跋扈しているような軍閥ではなく、民主的な選挙(1997年1月)で選ばれたチェチェン人の代表です。
ロシア側は彼との交渉を拒み続け(「テロリスト」だからという理由で)、ロシアの「国内問題」だという位置づけで、国際社会からの介入を受け入れません。
今回の事件は、戦争の継続を望むロシア治安機関にとって、マスハドフの対話路線が邪魔になったので、彼を殺したもののようです。

(追記)
今朝の朝日新聞朝刊に「ロシア政府は、マスハドフ氏が昨年の北オセチアの学校テロ事件の首謀者の一人だったとしている」と、ロシア側の主張を解説なしにそのまま伝えています。
学校テロ事件への関与はチェチェン強硬派のバサーエフが認めており、彼を批判しているマスハドフは事件への関与を否定しています。
今回の記事の扱いも、国際面最下段に小さくあるだけです。
チェチェン人口100万人のうち、ロシア軍の侵攻によって20万人が犠牲になっていると言われるこの紛争に対して、あまりにも関心が低すぎるのではないでしょうか。


人気blogランキングへ


at 12:26, 主義者Y, チェチェン

comments(0), trackbacks(4), -

チェチェン もうひとつの対テロ戦争

1994年12月11日、この日に第一次チェチェン戦争がはじまった。今日でちょうど10年。

チェチェン総合情報から
この10月、ロシアのウスチノフ検察総長は、ロシア下院で、「テロリストの家族に対する逆誘拐は、テロとの戦いの一部だ」と発言している。ロシア政府側は、チェチェン独立派をひとくくりに「テロリスト」と呼ぶ。「逆誘拐」の目的は、地下化した独立派に心理面からゆさぶりをかけることだろう。このやりかたも「テロリズム」というものではなかろうか。



ロシアではジャーナリストが当局から不当な妨害・弾圧を受けている。
事実を誰がどう伝えてくれるのかは、認識・評価の出発点であり、民主主義の根幹だ。その点、ロシアはかなり憂慮される現状にある。
NHKのBS放送の紹介

at 21:08, 主義者Y, チェチェン

comments(0), trackbacks(1), -