アクティブミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)による公開質問状

なりふり構わぬ朝日新聞バッシングが続いています。
「吉田証言」なぞ、慰安婦問題に関心のある人々の間では20年も前から虚偽のものであることは常識でしたが、
それが常識であったことも知らぬ連中は、朝日の謝罪に対して色めきたっています。
それが図にのって、ほとんど慰安婦問題に無知で関心もなかった塩野七生氏の誤った記事を『文藝春秋』は載せました。

「われわれ日本人にとって、欧米を敵にまわすのは賢いやり方ではない。オランダの女も慰安婦にされたなどという話が広まろうものなら、日本にとっては大変なことになる。そうなる前に手を打つ必要がある。」

この一文で、高名な歴史作家である塩野氏が、慰安婦の歴史認識についてはゼロであることがわかります。
「欧米」以外の人々に対する蔑視も感じられます。アジアだったら敵にまわしても、どうってことはないと?
恥ずかしくないんでしょうか。知ったかぶりで御高説を垂れてしまったことについて、恥とは思わないんでしょうか。
性暴力の被害者に対して、その言葉が突きつける非道と残酷さに思いいたすことはないのでしょうか。
作家は書いたことに対する責任をもつべきです。こんな無様なことを書いておいて何も返答しないことは許されません。

以下転載です。↓


wamでは本日付で『文藝春秋』編集部と塩野七生氏へ、『文藝春秋』10月号に掲載された塩野七生氏の論文について、以下の通り、公開質問状を送付しました。また、同じ内容のものをメディア各社へ送付しました。

転載も歓迎ですので、ぜひ拡散にご協力ください。
PDFはこちらからダウンロードしてください。

『文藝春秋』編集部宛て
塩野七生氏宛て

—————————

『文藝春秋』編集部 御中

公開質問状

『文藝春秋』2014年10月号の塩野七生氏による寄稿「朝日新聞の“告白”を越えて――『慰安婦大誤報』日本の危機を回避するための提言」には、「慰安婦」問題に関する重大な事実誤認があります。これを読む限り、「慰安婦」問題の基本情報についての知識がそもそも乏しいことがわかります。

歴史的事実を全く無視した内容の文章を放置したままにすることは、貴誌の歴史と伝統を汚すだけでなく、塩野七生氏の歴史作家としての評価を貶めることになり、さらには「慰安婦」問題についての誤った見方を読者に広めて、将来に大きな禍根を残すことにもなるでしょう。事実関係を貴誌において確認の上、早急に訂正と謝罪文を貴誌にて公表してくださるようお願いします。

塩野七生氏には以下のようにオランダ人「慰安婦」問題に絞って、塩野氏がこれらの事実を全くご存知なかったのかどうかを質問しています。塩野氏宛ての公開質問状を同封しましたのでご参照ください。

1)日本軍占領下のインドネシアで、抑留所に入れられていたオランダ人女性が日本軍の慰安所に入れられたこと。
2)オランダの検察団は戦後の東京裁判で、インドネシアのマゲラン、モア島、ポンティアナック、ポルトガル領ティモールの慰安所ケースの証拠を提出していたこと。
3)オランダはバタビア、ポンティアナック、バリクパパンなどのBC級戦犯裁判で、慰安所の責任者たちを裁いたこと。
4)このことは日本政府、オランダ政府の調査でも報告されており、1995年に日本政府が設置した「女性のためのアジア平和国民基金」ではオランダも基金の対象国となったこと。
5)「慰安婦」にされたオランダ人(オランダ政府の調査によると強制された女性の数は65名)の中から名乗り出て証言を行い、克明な被害状況を自伝に著しているジャン・ラフ=オハーンさん、日本政府を相手取って民事裁判に訴えたエレン・コリー・ヴァン・デル・プロフさんがいたこと。
6)2007年には米国、カナダ下院、欧州議会と並び、オランダ下院でも、日本政府に「慰安婦」問題の責任を認めて被害者に謝罪金銭補償を行うよう、全会一致で決議案を採択したこと。

オランダ人「慰安婦」被害については、オランダだけでなく日本でも広く知られている事実であり、当館でも証拠資料や文献、証言映像などを閲覧可能にしています。貴誌の編集部では、上記の事実をご存知なかったのでしょうか。塩野七生氏の記事を掲載する前に、編集部として「慰安婦」関連の書籍などで下調べをしなかったのでしょうか。あるいは知っていたのに、あえて修正をしなかったとしたら、その真意は何でしょうか。

「慰安婦」被害の実態について誤った情報が多く報道されているなか、貴誌には、単純な事実さえ確認することなく、事実がまるでなかったかのような誤情報を流出させた責任があります。
なお、この質問状と貴誌の回答・対応については、報道機関やネットを通じて公開しますので、ご了承ください。

2014年10月4日
アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)

—————————

塩野七生 様

公開質問状 

『文藝春秋』10月号掲載の「慰安婦大誤報」は
歴史的事実を無視した虚報につき、質問への回答と記事の撤回を求めます

私たち、アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)は、戦時性暴力の記録と記憶の拠点として2005年に開館し、日本軍「慰安婦」制度の被害と加害についての各国の証言や資料を収集・公開・保存している、日本で唯一の資料館です。

この度、あなたが書かれた『文藝春秋』10月号の「朝日新聞の“告白”を越えて――『慰安婦大誤報』日本の危機を回避するための提言」には、私たちが見過ごせない「慰安婦」問題に関する重大な事実の誤認と無視が数多くあります。

あなたは高名な歴史作家であり、その影響力は計り知れないものがあります。ところが今回のあなたの文章はあまりにも歴史的事実とかけ離れた内容ばかりであり、検証も裏付け調査もなされていない「虚報」と言わざるを得ません。

ここに公開質問状をお送りしますので、直ちに掲載誌にて訂正をしていただきたく存じます。

質問1

あなたは、朝日新聞の検証記事に出てくる強制連行を示す公文書に関連して、「インドネシアではオランダ人も慰安婦にされた」という部分に強く反応し、こう書かれています。

われわれ日本人にとって、欧米を敵にまわすのは賢いやり方ではない。オランダの女も慰安婦にされたなどという話が広まろうものなら、日本にとっては大変なことになる。そうなる前に手を打つ必要がある。

あなたは、1990年代の初めにはオランダ人の「慰安婦」被害者が名乗り出て、日本政府を訴える裁判を起こした女性もいたことを全くご存知ないのでしょうか?

今日の「慰安婦」問題は、1991年に韓国の被害者、金学順さんが名乗り出たことから始まりますが、このニュースを知ったオランダ人のジャン・ラフ=オハーンさんは、翌92年にインドネシアで「慰安婦」にされたと名乗り出て、東京で開かれた国際公聴会で証言しました。1994年には、自伝『Fifty Years of Silence』(邦訳『オランダ人「慰安婦」ジャンの物語』1999年、木犀社)も著しています。オハーンさんは「スマラン事件」と呼ばれるケースに該当すると言われていますが、これは戦後、オランダ軍によるBC級戦犯裁判で裁かれました。90年代初頭に行われた日本政府調査でも、発見された資料の中にこの事件に関わる公文書が含まれています。

また別の被害者のひとり、エレン・コリー・ヴァン・デル・プロフさんは1994年に日本政府に謝罪と賠償を求めた「オランダ人元捕虜・民間抑留損害賠償請求訴訟」の提訴人になっています。この裁判は、最高裁で原告の請求は棄却されたものの、軍による意思に反した連行を含め、彼女たちに兵隊の性の相手を強いたという被害事実は認定されました。

オランダ政府も1994年に公文書の調査報告をまとめています。日本政府が設置した「女性のためのアジア平和国民基金」ではオランダは基金の対象国となりました。このようにオランダ女性の「慰安婦」被害については、証言も記録もたくさん出ており、テレビ番組やドキュメンタリー映画も作られています。

オランダ女性の「慰安婦」被害はすでに90年代に欧米諸国にも知られていましたが、2007年には米国、カナダ、オランダの下院、欧州議会などが相次いで日本政府に対して「慰安婦」問題の早期解決を求める決議を採択しています。ただしこれは「オランダの女も慰安婦にされた」からではありません。第1次安倍政権で安倍首相が、「官憲が家に押し入って人さらいのごとく連れて行く、狭義の強制連行はなかった」と発言したことが発端でした。それは、「慰安婦」被害を「連行における強制の有無」に矮小化し、連行時に軍や官憲による強制がなければ、女性がどのような非人道的な性暴力を受けようが知ったことではない…といわんばかりの安倍首相の、そして彼を支持する日本人の人権感覚の欠如が問われたものでした。つまり、あなたが問題視した「強制連行を、狭い意味と広い意味に二分」した張本人は安倍首相であって、朝日新聞ではありません。

質問2

あなたは「当事者本人の証言といえども頭から信ずることはできないという人間性の現実」に言及していますが、あなたは被害者の証言をこれまでに聞いたり読んだりしたことがありますか?

私たちはこれまで、各国の「慰安婦」被害者の証言の聞き取りを行ってきました。それらの中に誇張や記憶違いなどが全くないとは言えませんが、彼女たちの証言の裏付けや傍証をとり、元日本兵の証言や公文書など入手可能な文献を集めて明らかにしてきました。この性暴力被害の実態は、決して許されてはならない、恐るべき凄惨なものなのです。

あなたには是非、この公開質問状に回答していただくとともに、この被害実態を知るために、日本に帰られた折には、当資料館にぜひお越しください。ここに集められた各国、各地の被害女性たちの声を聞いてください。集められた膨大な文書資料を見てください。ここにご招待状を同封させていただきます。

2014年10月4日
アクティブミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)
館長 池田恵理子

at 22:56, 主義者Y, 人権

comments(2), trackbacks(0), -

ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク

以下転載です。全面的に賛同します。          


ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク 


設立宣言


 いま、在日韓国・朝鮮人を標的とするヘイトスピーチが、各地で凄まじい勢いで拡大している。 多文化のもとで共生する人びとの平穏な生活を切り裂き、民族差別や人種偏見に満ちた、侮辱的、脅迫的言動が繰り返されている。


 ヘイトスピーチは、街頭だけでなく、ネットやさまざまなメディアでも繰り広げられ、差別、偏見、攻撃の言説を執拗に展開している。
なかでも日本軍性奴隷被害者(いわゆる「従軍慰安婦」)とされた女性たちに向けられる侮辱と憎悪の表現は、人権の価値を根こそぎ破壊するレベルにさえ達している。


 ナチス時代のユダヤ人などへの迫害、かつての南アフリカでのアパルトヘイトやアメリカ南部におけるKKK団のリンチを想起させるような激しい侮辱と憎悪表現に対して、日本社会からの反応は、いまだあまりに鈍い。


 在日韓国・朝鮮人は、日本による侵略と植民地支配によって生み出された。その存在の歴史性に対する決定的な無知と、「言論の自由」の尊重という口実のもとで、この社会の多数派は、この卑劣で暴力的なヘイトスピーチを黙認し続けている。


 ヘイトスピーチは、当面の標的とする在日韓国・朝鮮人だけではなく、女性を敵視し、ウチナーンチュ、被差別部落の出身者、婚外子、社会が障害となっている人たち(いわゆる「障がい者」)、性的少数者などの、社会的少数者にも攻撃を加えてきた。 彼らが攻撃する人々は、日本の戦後体制の中で、人格権や生存権を政策的に奪われたり無視されたりしてきた人々と、みごとに重なっている。この意味において、日本におけるヘイトスピーチは、戦後体制が政策的に作り出してきた差別そのものなのだ。


 本質に立ち返って考えたい。

 ヘイトスピーチが傷つけるものとは何なのか、ということを。

 それは、在日韓国・朝鮮人だけではない。社会的少数派だけでもない。

 ヘイトスピーチは、良心を持つあらゆる人々を傷つけるのだ。国籍も、民族も、性別も、出自も関係なく、すべての人間には普遍的な尊厳と人権があると考える人々の信念、そして、なによりも平和に生きようとする人々の精神に対して、言葉と物理的な暴力で憎悪を投げつけ、侮辱し、傷を負わせる。国際社会がこれまで長い苦しみの歴史の中で築いてきた、世界人権宣言にも謳われる普遍的な人権概念を攻撃し、その価値をあざ笑い、踏みにじる。

 これが、ヘイトスピーチの本質なのだ。


 だから、この暴力に対峙し、決然と対決することは、単なるマイノリティ集団の利益のための行動ではない。また、一国の国内問題を解決するためのものでもない。民族や国境の壁を超えて、人権の普遍的価値を擁護し、防衛する行動でもあるのだ。

 それは、この日本社会にあっては、戦後体制によって市民的権利を剥奪されてきた人々の「市民として生きる権利」を希求する行動以外の何ものでもない。


 ここであらためて確認し、明記しておく。
 人間の涙の歴史を無に帰そうとする挑戦に、私たちは、決して屈しない。
 


ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク

「のりこえねっと」共同代表 一同

at 20:12, 主義者Y, 人権

comments(14), trackbacks(0), -

やっぱり許せないレイシズム

ひさびさに酔っ払っての勢い投稿です。
どんな理屈をつけても小学生のいる校舎に向かって野卑な言葉を投げつけるのは許せないのであります。



自分たち(在特会)でアップしたyoutubeが削除されたようなので、塀の内側から撮った映像を↑

「議論をしに来たのではない」とキッパリと言い切るというのは、つまり恫喝と嫌がらせということです。せっかく弁護士のおじさんが出ていって「抗議したいことがあるなら、ちゃんと文書にして提出しなさい」と言っているのに、猛々しく「講釈はいいんだ!」とつっぱねる・・・。アホじゃないですか。(在特会映像でありました)
やっぱりこういうのを許してはいかんと思うのです。じっさいに人が傷ついているのですから。

こういう連中って、ナチみたいに運動が増長していくのを夢みているのかしらん。
「今までの団体とは違うんやど!」とこだわるあたり、革新的な運動を自認する意識があるんでしょうな。ファシズムってのは擬似革命性がひとつの特徴だったけど、無意識にそういう心性って遺伝するのでしょう。

「歴史は2度繰り返す。一度目は悲劇として、二度目は喜劇として」

一度目でも喜劇   だろうな。


(追記)
ナチの政権獲得後に突撃隊(SA)は補助警察員になるわけで、自分たちが警察・司法の代わりに実力行使してるっていう思い上がりもよく似ています。「法律を守れ!」ぐらいしかロジックがないくせに自分勝手に代執行してしまうあたり、法治主義の破壊であることに気がついていない。それに、他人の所有物を嬉々として破壊して、「器物損壊」で訴えられても知らないよ・・・

もう、救いようのない愚かしさ

at 21:01, 主義者Y, 人権

comments(2), trackbacks(1), -

外国人排斥を許さない6・13緊急行動への参加・賛同の呼びかけ

またしばらくブログをほったらかしにしている間に、世の中いろいろと・・・



蕨市の女子中学生を名指しで罵倒する、あのおぞましい差別デモ。あまりの醜怪さにエントリー記事にすることすら気が引けていたが、その同じ主催団体がこんどは京都でデモをするという。ネット上で平和・人権への侮蔑感情を書き散らす匿名者たちが、まさにリアル世界で可視化されてきた事態といえるかもしれない。
愚か者は放置して自滅を待つというのも大人の戦略だろうが、それでは黙認との区別もつかないし、当該者たちが増長してくるのも面白くない。ナチスも最初はバカにされていた泡沫集団だったが、時代の波にのって国家権力までとってしまった。それは極端な例示だけれども、やっぱり対抗行動は必要だろう。醜悪なふるまいに対して怒りの声を発するのを我慢することはない。そこで私も下記行動に賛同することにした。

外国人排斥を許さない6・13緊急行動

私が参照した6月4日時点で452人の賛同者が集まっていた。これからもっと増えていくだろう。
もっと早い時点でカッコよく名を連ねたかったのだけど、どういう「名」で賛同したらいいのか迷ってしまった。

「主義者Y」か  本名でか  匿名でか

ハンドルネームを売り出す気はさらさらないし、さらに言えば「主義者Y」なんてもともとは仲間内の掲示板で戯れに使いはじめたのをズルズルひきずって今日に至っている。(9.11以前には『テロリストY』を名乗っていた・・笑)こんなフザけたハンドルネームは本物の主義者の皆さんに対して申し訳ないのである。そろそろ改名でも、と考えるこの頃であるが。
運動団体の肩書きをもっている人や本名で名を連ねている人々の間に「主義者Y」ってのも恥ずかしいなあ、と思って躊躇していたら400人を超えてしまった・・・これならもう目立たなくなる(笑)
それは冗談として、リアルで私を知っている知人ならハンドルは周知のことだし、ネットでのみお知り合いの方には「主義者Y」でないと通じないので、今回は恥ずかしい名前で賛同することにした(笑)


「続きを読む」以下に掲げる呼びかけの本文にも目をとおして、ぜひとも賛同のメールを送ってください。
冒頭のバナーはTBを送ってくれた『旗旗』の草加さん製作のものです。この記事は13日になるまでブログ筆頭に表示しておきますので「ショボーン」としないでくださいね。いや、しかし恥ずかしいバナーだ(笑)

==メールフォーム(下記をコピー&ペーストして613action@gmail.comまでお願いします)==

●外国人排斥を許さない6・13緊急行動に賛同します。
I sympathize with the “6.13 Emergency Action.”
○賛同団体・個人名(肩書きがあれば) Name(individual or group)

○公表します・公表しません Can we publish the name? (Yes or No)

○一言メッセージなどあればお願いします Post your message, if you have.
続きを読む >>

at 12:57, 主義者Y, 人権

comments(13), trackbacks(5), -

どんな人でも家には住めるようにしよう


gegengaさんからのTBで遅まきながら気がついたのだけど、やっぱり外務省の難民保護費支出が厳格化された結果、家を追い出される人々がでてきた。
同じころ私の自宅に届いた難民支援協会のレターでも緊急のカンパを訴えてきた。

難民保護費:要件厳格化、127人不支給 家賃払えず退去も


生活保護や難民支援などを話題にすると、怠け者の不正受給だの出稼ぎ者がまぎれ込んでいるだのという下衆の勘繰りみたいな冷血意見が跋扈してくるのだが

難民かどうかを認定してもらうまでの宙ぶらりんな期間、就労も認められないし、生活保護も受けられない。病気になったら全額自費で払うしかない。

そういう「豊かな」生活を期待して、命がけで日本に来る人々。
そういう「偽装難民」を警戒して保護費のような余計な予算を増やすなという。

例えば難民申請をしているなかで多数を占める、ビルマから来たロヒンギャ民族の人々は、
ビルマ政府からは民族全体が「国民」として認められていない。
軍事政権にとっては国内には「存在していない」民族なのだ。
彼らはビルマへの帰国を許されないので、「帰るべき」場所はない。

予算がないからといって他に収入の道がない人々への支給を止めるということは、
「(難民かどうか)疑わしき者は死ね」と言っているのに等しい。

1万歩ゆずって下衆な勘ぐりイメージの輩がまざっていようとも、
どんな人間だって雨露をしのげる家に住めるようにすべきなのだ。
働かざる者だって、餓死しないように最低限は食べさせてあげるのが真っ当な人間の社会だ。

人間が家に住むようになって何千年たつかよくわからないけれども、
この21世紀の日本は、そういうこともできないほど貧しい開発途上社会なのか?

たかだか1億数千万円の予算規模事業で補正を組むこともせず、
私たちの政府はその同じ補正予算で117億円もの「アニメの殿堂」施設をつくろうとする。

保護費打ち切りで家を追い出される人々は、政府の「想定内」で生み出される。
住めなくなる食えなくなることが「しかたがない」で済まされる。

難民支援緊急キャンペーン

冗談ではなく、この状況を知る私たち一人一人が彼らの生存を支える最後の防衛線となる。
僅かな額でもいい。カンパを。

日本での難民申請は10年前の10倍以上と急増しています。
それに伴い、申請者への唯一の公的な生活支援金「保護費」の予算が不足したため、政府は、支給対象者を半減させることを決定しました。月100人以上の難民が支給を打ち切られる見込みです。

すでに支援団体へは難民から、「家賃が払えず自宅を出るよう通告された」、「食べるものがない」、「子どもを抱えているのに生活の手段がない」など多くの切実な声が寄せられています。難民申請期間は平均2年以上におよび、その間多くの難民が働くこともできず、健康保険にはいれず、生活保護も受けられません。

呼びかけ団体は共同で政府や関係機関と交渉し、保護費が必要な人に届くよう、十分な予算の確保、難民申請者の生存を確保するための法制度の整備を求めていきます。
しかし、それらが実現するまでには時間がかかります。

そこで、まず目の前にいる、助けを求めてきたはずの日本で再び大きな困難に直面している難民が日々生きていけるよう、支援団体共同でカンパを集め、生活資金を支援することにしました。

私たちは難民にとっての最後の砦となりたいと考えています。
どうか何とか最低限でも「人」らしい生活を送ることができるよう、皆様のあたたかいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

at 08:18, 主義者Y, 人権

comments(0), trackbacks(1), -

生活保護も受けられず 働くことも許されない人々

沖縄のことも書いておかねばと思いつつ、どうしても気になるこのニュース。サイドバーにメモしておいてもエントリー化できていないことが多いのだが、やっぱり書かずにおれない。

難民保護費:外務省が支給の要件を厳格化 予算不足で

大雑把な数字でいえば、この地球上の難民数が3000万人(うち、国外難民が1000万)といったところ、2008年中に日本の法務省が認定した「難民」は57人だった。

平成20年における難民認定者数等について

上記57人のうち54人はビルマ人。他の地域の人々は3人だけ「難民」として認めました、ということになる。
つまり日本は事実上、難民というものをほぼ受け容れてないに等しい。

そのうえで今回の保護費カットである。予算がないから受給者を半分に絞り込むそうである。これらの人々は生活保護法の対象にならないし、就労も認められない。外務省の保護費をもらえない人々は、他からの支援がないかぎり飢えるしかない。病気になったら医療費は全額自己負担である。住む場所もなくなってホームレスになるしかない。

予算がないから、そういう人が出てきてもしょうがないらしい。
日本国民じゃないから。
ずいぶんと御立派な国際貢献ぶりだ。

そこで私は決めた。定額給付金の申請書を手元にとどめ置いたままにしていたのだが、この分の12000円を彼らの支援に使ってもらおう。私が使うより、よっぽど活きたお金になる。ていうか、もう寄付してしまいました。

難民支援協会への寄付

↑こちらから寄付ができます。
ほんとうは、住民登録がなくて定額給付金がもらえない野宿者とかDV被害者の人々を支援するNPOに寄付しようかと考えていました。同様に迷っている方がいらっしゃいましたら御一考ください。貧困の問題にたいしては別の面からもアプローチしてみたいと思います。


しかし・・・今年度予算が1億数千万円という規模とのことだが、補正予算で対処したりできないのか?
どこに落ちるかわからない北朝鮮ロケット弾を迎撃するために東北を迷走し、野球場に突っ込んだ役立たずのPAC3は、1発あたり5〜8億円するらしいが。

(5月12日追記)
「外務省の保護費」とすべきところ、間違って「法務省の保護費」と書いてしまったので訂正しておきました。出入国管理は法務省管轄だという頭がありましたのでつい(汗)
また、リンク先も合わせて参照していただければ誤解がないかと思いますが、受給者=難民認定された人ではなくて、難民認定申請をし、審査結果が出るまでの間の人が対象となります。念のため。

at 21:52, 主義者Y, 人権

comments(2), trackbacks(3), -

サッコ・バンゼッティ事件

うにさんの記事で気がついた。8月23日はニコラ・サッコとバルトロメオ・バンゼッティが処刑されてからちょうど80年。「イタリア移民」と「アナーキスト」への偏見と憎しみが生んだ、アメリカ裁判史上最大の冤罪事件。「死刑」を考えるうえで、記憶せられるべき日なのだろう。

この同じ日に
3人に死刑を執行 長勢法相、最多の計10人

このブログでは、まだ死刑について考察したエントリーは書いていない。ただ「国家による殺人」という角度からは深く考えねばなるまい。

ソウルの西大門独立公園内に、日本統治時代の刑務所が保存されている。その敷地内の一角に処刑場の建物があった。床が抜けて下に落ちる絞首刑の部屋だったが、あまりに生々しく感じられて忘れられない風景である。アウシュヴィッツなど虐殺の現場はいくつも見てまわったことはあるが、それらとは違った強烈な恐怖感を覚えた。

絶対的に確定された死への恐怖、というのだろうか。人が人に対してそのような恐怖を課してよいのか、という疑念が私の根底にある。

「死刑」について考えるとき、いつもあの絞首台を思い出す。









at 23:39, 主義者Y, 人権

comments(3), trackbacks(1), -

自衛隊員なら思想調査されていいのか

防衛省「情報保全隊」に隊員・家族の思想調査部署

防衛省が来年度設置を目指している防衛相直轄部隊「情報保全隊本部」に、隊員とその家族の思想信条などの情報収集を主任務とする部署を置くことを計画していることが3日、分かった。海上自衛隊のイージス艦中枢情報流出事件を契機に情報漏洩(ろうえい)防止が求められるためだが、自衛隊制服組などから反発する声も出始めている。

官庁が個人の思想信条調査をする。言い換えれば、雇用主が労働者の思想信条調査をするということだ。陰に隠れて調査しているのが実態なのだろうが、それを公然と言い出すのは洒落にならない。しかも家族まで含めてだ。
組織における規律の弛緩やモラルの低下を、個人の基本的人権を制約して対処するというのだろうか。そんな理屈が通るのなら、いっそ除隊するまで完全外出禁止、家族面会も禁止するがいい。調査の目的はなんだろうか。「反自衛隊的」な平和思想に感染している(とみなされる)隊員、配偶者が外国籍で日本国家への忠誠心が疑われる(とみなされる)隊員は、特定部署への配属を忌避されたり、閑職へ追いやられたり、苦役を多く課せられたり、あるいは退職の勧告の対象になるのだろうか。
不当労働行為を準備するための調査としか思えない。

兵隊なら国家が煮て食おうと焼いて食おうと好き勝手にできるのだ、という発想に退行していないか。
>自衛隊制服組などから反発する声も出始めている
なんて当たり前の話だ。彼らとて国を守ろうと志願してきたのに、無遠慮に個人の内面に踏み込まれて(家族まで)「調査」なんぞされて、誇りが傷つかずにすむだろうか。

「軍事」がしゃしゃり出てくると「自由と民主主義」はその分だけ後退する。
それを「しょうがない」と見過ごしていけば、いつか戦争も「しょうがない」と認めることになる。


↓この記事に「異議なし!」と思ったらクリックしてください^^)

at 12:08, 主義者Y, 人権

comments(0), trackbacks(0), -

慰安婦 迷惑かけないため

3月3日のNHKニュースらしい。知らなかった。「政府筋」がこう述べたとか。
当時は公娼制度もあったし、戦場になっている地域に迷惑をかけないために従軍慰安婦を連れて行ったことは、ほかにはないことをやったのであり、そういう視点からもみてもらえないかと思う

?????????????ã?¢ã??ã??ã?­ã?¼ã??æ?½è¡?è?? fttb

http://www.dailymotion.com/fttb/video/x1d078_

「政府筋」って誰だ? そもそも「政府筋」という報道が、なぜ成り立つのか。
NHKはなぜ発言者の個人名をあげて報道しないのか。
誰がこんな発言をした。



at 12:33, 主義者Y, 人権

comments(4), trackbacks(6), -

公園にも寝られない人はどこで寝る?川か?山か?

仕事の疲れを言い訳にしばらくブログをサボってきたけれど、やはりこれは書いておかねばなりません。

強制撤去 長居公園の野宿者テントなど 大阪市

某大臣の失言問題も含めて、世の中にロクでもない出来事は充満しています。このニュースはそうした喧騒の一コマとして埋もれ、流れさってしまうのかもしれません。
ここに書き記しておく理由は二つ。

僅かな機会ではありましたが、面識を持つ数少ないブロガーである草加さんアッテンボローさんが現地の抗議行動に参加し、報告をされていること。当ブログにときどきコメントを寄せていただいているうにさんも参加しています。

「家に住めない」最底辺の経済弱者に対して、この日本社会がどのように向かい合っているのかを示す(ひとつの)現実と(全体への)可能性として見逃せないこと。

ここで泡沫のような当ブログが論陣を張っても所詮、蟷螂の斧ではあるけれど、西の(?)友人たちの奮闘に敬意を表したいし、また私の周囲のリアル世界の知人も幾ばくかこのブログを見てくれていると期待するので書いています。高度な識見も、勇気ある行動力もない私ですが、汗をかいて走っている人のあとを追っかけて二次宣伝くらいはできると思います。

リンクをたどっていけば「ホームレス」の現実について、様々な知見を得られるでしょう。それは関心と時間の許す範囲内でしょうが。
だから、とりあえずひとつだけ貼っておきます。

sさんの弁明書(釜パト活動日誌)

そして、じっさいは理由の三つ目になるのかもしれないけど、YouTubeを検索してたらたまたまこんな動画を発見しました。
http://www.youtube.com/watch?v=aKy29iElydQ
これを見て、ものすごく不愉快になったというのが本当の理由かもしれませんね。ここに出てくる論者たちの意見に「そうだ、そうだ」と同調するような人なら、当然のごとく人間を排除する側に立つのでしょう。こういう意識を背景にして、理不尽な行政代執行も可能になるのだと思います。どちら側に立つかは紙一重です。

「うっとうしい」支援者を、先にも書いたとおり私は知っていて尊敬するし、私自身だって支援者になりたい、と思っている。お気楽な評論で良識ぶって、人の生活を破壊する暴力を擁護する奴には反吐が出る。

「野宿者襲撃」論
「野宿者襲撃」論
生田 武志



↓この記事に「異議なし!」と思ったらクリックしてください^^)

at 22:29, 主義者Y, 人権

comments(5), trackbacks(12), -