秘密は60年あるいは100年以上

さまざまな角度から批判される特定秘密保護法だが、こんなことも

<秘密保護法案>「過去の外交文書も指定」…森担当相
 

森雅子同法案担当相は29日の参院国家安全保障特別委員会で、特定秘密に指定される外交文書について「過去の文書も要件を備えれば指定できる」と述べ、過去の領土交渉などの記録も新たに指定されるとの見通しを示した。

同法案は特定秘密も「原則60年」で公開する規定を盛り込んだが、これまで非公開だった戦後の外交文書が改めて指定されることで、事実上100年を超えて秘匿され続ける可能性が出てきた。


今年で戦後68年。1960年の安保条約からも53年。
おそらく私たち国民に知らされていない交渉経過や議論・判断の資料はあるはずだ。それが特定秘密に指定されれば、さらに60年・・・その秘密を取り扱う役人・政治家をのぞいて、私たちの存命中は誰も知ることはできない。

私たちは生きている間にそれを知ることはできず、当時の政策責任者の批判をしたり責任を問うことはできない。
安倍首相の好きな「歴史の判断」を担う歴史研究者が、それにアプローチすることすらもできない。

いいのかそれで?
これはいったい誰のための「特定秘密」なのだ?

60年というのは、秘密を指定した責任者が生きている間は隠し続けられるという期間だ。死ぬまで責任は問いません、ということを保障した期間だ。どんな無責任なこともしても。

「40時間超の議論をした」と、胸を張って言えることか?!

特定秘密保護法に賛成する人たち。あるいは反対の声を挙げようとしない人たちよ
あなたたちは、そこまで為政者たちを信頼するのですか?
かけがえのない自分の自由を差し出しても、自分の安全を彼らが守ってくれると信じているのですか?
あの福島原発の惨状を経験したあとでさえ!

そのことを声を大きくして叫ぶのが「テロ行為」と同じ(石破茂ブログ)ならば、抗う声をあげる者は、いつか必ず「対テロ戦争」のターゲットにされてしまうでしょう。
国内法の及ばないグアンタナモ基地の囚人のように、どんな仕打ちをしてもかまわない「テロリスト」扱いをされるでしょう。

こんな予言をするのは大げさなことでしょうか? サヨク特有の扇動プロパガンダでしょうか?
この社会は、すでに反戦ビラをポストに入れただけで逮捕されます。
放射能ガレキ受け入れ反対を叫んだ人が、駅構内を通過しただけで逮捕されます。

こういうことも「自分には関係ない」と思う人は、おそらく以下のようになるだろうと私は想像します。

ブラック企業にさんざん痛めつけられて、食べるために自衛隊に入らざるを得なくなった若者が、集団的自衛権を認めた国家安全保障基本法(早ければ来年中に国会提出)のもとでアフガニスタンに向かい、戦後はじめて日本人兵士として「戦死」したときに、

「中国や北朝鮮から日本を守ってくれるアメリカとの同盟のためには、しかたのない犠牲なんだ」
「自分で選んだ仕事なんだから誰のせいでもないさ。自己責任だ」
「日本の国益のために死んだ彼は英霊じゃないか。英霊の名誉を汚す反対派の連中はとんでもない!」

と、「自分には関係ない」ことを放置する人々は、安全・安心な日本社会のなかで、荒んだ生活を拡げていくことでしょう。

これが戦争のできる国なんです。

私はそれが絶対にイヤだ!!

at 11:20, 主義者Y, 民主主義

comments(0), trackbacks(0), -

11/21は日比谷野音に行こう

無責任国家をつくる秘密保護法に反対!

ウソをついても情報隠しをしても、なんの責任も問われない連中が
もっと秘密を増やそうとしている。
あろうことか、その「秘密」を知ろうとする人間も処罰しようとする。
裁かれる理由も本人には知らされない。
まわりの人々も、その妥当性を判断できない。
だってそれは「秘密」だから。
冗談じゃない!

クウェートからバグダットまで飛んだ航空自衛隊の輸送機の積荷は米兵だった。
黒塗りされた資料の部分が情報公開されたのは任務が終わってから。
秘密保護法ができたら、そんなことも未来永劫に知りようがなくなる。

爆発した福島原発に東京消防庁が向かったとき。
放水計画を立てるために原発の図面を東電に要求したら「テロ対策に関わる最高機密」なので拒否された。
秘密保護法の考え方からすれば、テロ対策上の秘密を守る者が法に適っており
秘密を漏らしたり、しつこく求めるほうが罰せられるだろう。

閣僚と同じ党派の首相が「第三者」? お友達で固めた委員会が「第三者」?
人をバカにするんじゃないよ
権力者のお目こぼしに与る「配慮」なんかいらない。私たちの知る権利を奪うな!



at 23:15, 主義者Y, 民主主義

comments(0), trackbacks(1), -

Free Burma!


Free Burma!

at 00:23, 主義者Y, 民主主義

comments(0), trackbacks(1), -

「ビルマに自由を!」

沖縄旅行中だったこともあり、ビルマ大使館前(30日)には行けませんでした。
せめてネット上で連帯の意思を表明したいと思います。

「Free Burma!」というサイトでブロガーへの呼びかけがされています。
明日、それぞれのブログに「フリービルマ!」バナー(画像)を1点あげ、その投稿記事のタイトルにFree Burma!(フリービルマ!)という一言を載せるという行動です。


Free Burma!


現在ビルマ当局は同国の通信環境を封鎖していて、現地の人々に励ましの声が届くかどうかわかりませんが、少なくとも軍政当局への抗議にはなるはずです。

こちらでも署名を行っています。ビルマに影響力をもつ中国と国連安保理事会に向けたもの。きょうの時点で49万人の署名が集まっています。



以下はレイバーネットからの転載
続きを読む >>

at 09:56, 主義者Y, 民主主義

comments(2), trackbacks(0), -

渋谷区でまた施設使用許可を取り消し

<東京・渋谷区>在日朝鮮人団体に施設使用許可を取り消し
東京都渋谷区は2日、区内の代々木区民会館で在日朝鮮人らが主催して4日に開かれる予定だったシンポジウムの会場使用許可を取り消した。同区によると、先月27日ごろから「公的な施設をそういう団体に貸していいのか」などの抗議の電話などが数十件寄せられた。区は他の利用者や住民に配慮して取り消しを決めたという。

朝鮮総連系団体の日比谷公園使用をめぐって、東京高裁は東京都の抗告を棄却した。都側の使用許可の取り消しは不当だと判断したのだ。(3月1日)
渋谷区はそのことを知っていて、なおかつこのような決定をしたのだろうか。信じがたい無法行政がまかり通るようになってきている。


↓この記事に「異議なし!」と思ったらクリックしてください^^)

at 21:55, 主義者Y, 民主主義

comments(0), trackbacks(0), -

集会を禁止する民主主義

そろそろファシスト都知事を弾劾する記事を書きたいと思っていたら、伊吹文科相の「人権メタボリック」発言にアドレナリンが噴出。血がたぎる指でキーボードをたたこうとしたら、また別のニュースを発見しました。勘弁してくれ。

総連系集会:日比谷音楽堂の使用 都が取り消し指示

総連であろうがなかろうが関係ないのです。皆さんは、これが何を意味するかわかりますか?
都によると、その後「現在の日朝関係や拉致被害者家族のことを考えれば(会場を)貸すべきではない」という抗議が相次いで寄せられた。このため、都は「集会への参加者が多く、そのまま開催すれば大きな混乱が予想される」として、集会の開催は都立公園条例が公園内で禁止する「公園管理に支障のある行為」に当たると判断した。

「大きな混乱=暴力を伴う抗議」が予想される場合は、暴力をふるわれる側が集会を禁止されるのです。役人が如何にもっともらしい理屈をつけようと、つまりそういうことです。
こんなことを許していいんですか?これは大きなニュースにはならないんですか?
「自由」とか「民主主義」というものを少しでも大切に考える人間なら、こういうことに鈍感であってはいけないんじゃないですか?!



↑映像は、昨年の「教育基本法の改悪をとめよう!11・12全国集会」のものです。右翼の妨害がひどいところを継ぎ合わせてみました。場所はまさに、今回使用が取り消された日比谷音楽堂です。ご覧になればわかるとおり、酷いときには壇上の発言が聞えないほど場外からの罵声がやかましかったです。この映像を撮っているとき、ホントに頭に血が上りましたよ。

総連系の団体に公園使用を禁止した東京都の言い分が通るのだったら、この先こういう集会も禁止できることになってしまいます。ことは簡単。妨害する側が乱入でもして、傷害事件などを起こせばいい。そうすれば今後は「大きな混乱」を未然に防ぐために、公園の使用を認めない、ということになります。
「安全・安心」のためには「表現の自由」は制限されてもいい。つまるところは、そうなってしまいます。これは冗談ではなく「戦時体制」の論理です。

東京都の役人の皮算用では、「総連系」だから世論の反発も大きくならずに済むだろう、という算段なのでしょう。自由の簒奪は、いつも少数派をターゲットにするところから始まります。「自分たちには関係ない」では済まされません。

「表現の自由」「精神の自由」は、寸土でも譲ってはならないのですよ!
集会もデモもできない社会のどこが「人権メタボリック」だ!
もっと怒りを!!


↓この記事に「異議なし!」と思ったらクリックしてください

at 22:36, 主義者Y, 民主主義

comments(4), trackbacks(2), -